【治安情報2019】今のマレーシアの治安を解説!現地の人推奨の安全対策法7つを教えます。

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. マレーシアの治安情報で安全な国というのは嘘!?
  2. マレーシアの治安を特徴(国民性)から知る
  3. マレーシアの治安(犯罪の手口とその安全対策)

以前、『幸せ!ボンビーガール』というTV番組でマレーシアが取り上げられ、マレーシア転職に関しての問い合わせをとても多く頂きました。

そこで今回は、皆さんから多くご質問を頂いた中にこんなリクエストがありました…

「今のマレーシア治安の最新情報を教えて欲しい!」

物価も安く、日本からもたった5時間で行ける距離なのでマレーシアを観光や移住、就職先の選択肢に入れる方が増えて来ています。

マレーシアに移住や海外就職するにあたり、国も離れているため現地の最新な情報を知りたくても知る手段が少ないと思います。

先に安心して欲しいので言っておきますが、マレーシアは比較的治安がいい国であります。

実際に就職相談にのっていても、マレーシアで就職/移住を考える人が増えてきています!

この記事を読めば、今のマレーシアの治安情勢がわかりますよ!

マレーシア就職を検討したい方は、この記事の後半部分でマレーシア就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

マレーシアの最新治安情報は?

安全な国ってホント?

マレーシアの治安はいいの?

比較的安全と言われています。しかし、危険な場所もありますよ。

マレーシアは比較的治安のいい国としてテレビでも特集されることが増えたため、近年の日本人が長期滞在したい国ランキング調査では7年連続NO.1に選ばれています。

幸せ!ボンビーガールでは特番でマレーシアの特集が組まれてました!

短期間の観光であれば行ってはいけない危ない場所くらいを押さえとけばいいでしょう!

また治安なんて気にしないという方もいますが、長期滞在の場合であればより細心の注意を払って気を遣わなければいけなくなります。

まして、お子さんがいる家庭でマレーシアに移住する方であれば治安面を一番気にすると思います。

日本は安全な国と言われていますが、住んでいる私たちも確かに日本は安全な国だと思います。というのも落とした財布が返ってくる国は日本だけと言っても過言ではありません。

しかし、日本でも危ない場所があるのも同然、マレーシアにも危険な場所はあるのです。

危険な場所というのは現地の方でないとわからないことが多いです。

特にマレーシアをあまり知らない人でも知っている方が多いと思うのですが、そういった観光スポットであれば他の郊外と比べると断然治安はいいです。

要するに、犯罪が多く起きてしまうのが首都のクアラルンプールより郊外の都市になります。それでも軽犯罪は外国人をターゲットに軽犯罪は絶えません。

犯罪といえど、大きな事件というよりはスリや窃盗、強盗などの金銭目的の犯行が多いです。

そのため、日本人が駐在などでマレーシアに行かれる方は、24時間監視体制のあるコンドミニアムで住む方が多くなっています。

日本では家の鍵を開けっ放しにしておいても問題ないことが多いですが、そんなことはマレーシアでは決してやらないでください!

マレーシアの特徴とは?国民性から治安を知る

現地の人は時間にルーズ

マレーシアの人々の特徴は?

そうですね、時間にルーズです。

国民性として全体的におおらかな特徴ですね!

よくマレーシアの人は「時間にルーズ」と聞くことがあります。

下の記事を読めば、マレーシア人の特徴がすごいわかりますよ!きになる方は参考にしてください。

マレーシアの物価事情を知りたい方は下の記事がオススメ!

これでマレーシアがどんな国なのかある程度わかったと思います。

でも知りたいのは詳しい治安情報ですよね?これからちゃんと掘り下げていくので最後まで読んでいただきたいです!

マレーシアの治安情勢を徹底的にお伝えします!安全対策7つを徹底的に

日本人は金持ちのイメージがある。

マレーシアは東南アジアの中でも比較的安全な国であると先ほどからお伝えしています。

しかし、首都のクアラルンプールでも重犯罪は少ないが軽犯罪は毎年増加傾向にあります。

※軽犯罪=スリや置き引き、万引きや窃盗

特に、日本人はマレーシアに住む現地の人からすると「金持ち」のイメージがあるようです。そのため、日本人が軽犯罪のターゲットになる可能性は極めて高いのです。

日本に住んでいるわけではなく、文化の違う外国に住んでいる緊張感を持ってマレーシアを満喫しましょう!

安全対策1:クアラルンプールで気をつけること

首都のクアラルンプールは麻薬関連の犯罪が多くなっています。

クアラルンプールは麻薬の密輸ルート上にあるためです。マレーシアでは日本と同様に見つかればもちろん犯罪です。

中にはうっかり麻薬の運び屋に使われてしまっていたというケースもあります。日本人の良さである気がきけることを裏手に取られてターゲットにされてしまうそうです。

「この荷物を日本にいる友達まで届けてほしい」なんて言われたらひとまず疑う目を持ちましょう!

次は犯罪ごとに安全対策をお伝えしていきます!

安全対策2:ひったくりから荷物を守る!

マレーシアで定番なひったくりの方法はバイクに二人乗りをして歩行者のバックを取ることです。

バックを道路側に掛けて歩いていたら一瞬で持ってかれてしまいます。

持ってかれないように対策を事前にすべきことですが、取られてしまってもバックにしがみつくことは絶対にやめてください!

取られてまいとバックに必至にしがみつく方がいるみたいですが、大怪我を負うことになってしまいます。

ひったくりの対策法
  • 斜め掛けのバックを使用する
  • 道路側の反対にバックをかける
  • バックの持つ部分をしっかりと握る

ひったくりから荷物を守るためには上記の方法が最善策です。ひったくりの対策法もそうですし、これからお伝えする対策法も最低限の方法です。

なので、これだけはやってほしいことなので目を通してほしいです!

安全対策3:スリに合わないようにする!

特に人が密集しているところにはスリが多いです。

その中でもよくスリの被害が多い場所があります。それは、ナイトマーケットや屋台の周辺、チャイナタウンやチョウキットです。

このエリアのみでスリありなわけではなく、人混みによくいるので注意をしましょう!

スリの対策法
  • ファスナー付きのカバンを使う(ファスナーの閉め忘れに注意)
  • バックの中には中身が空っぽの偽財布を仕込む
  • 手持ちのお金はポケットに
  • 大事なものは極力持ち歩かない

最近ではバックそのものをちぎられるケースの犯罪もあるので、カバンに大事なものは入れておかないことが望ましいです。

セントラルマーケットで詐欺にあわれる方が急増しています。現地の方の芝居には気をつけてください!

時間がなくて急ぐフリでもしてその場から立ち去りましょう!

安全対策4:置き引きに注意する!

置き引きですが日本人がターゲットになるケースが多いです。

というのも、日本人は置いて行ってしまうことが多いから。日本では取られることはないですが、海外では取られてしまうので気をつけてください。

ほんの一瞬で盗まれてしまうので、常に荷物は身から離さないように!また犯罪グループには子供集団もいるので気をつけてくださいね!

安全対策5:車上狙いを対策!

自動車を狙ってバラして部品を売りさばく犯罪もあります。

中には国外に車の本体ごと転売してしまうプロモいるので駐車する際には気をつけましょう!

車上狙いの対策法
  • 少しの間、車を離れるだけでもエンジンを切る
  • 広いスペースには駐車をしない
  • 夜は街灯の近くに駐車する
  • 車に乗るときに不審者は周りにいないかを確認する
  • 外から見えるところに貴重品やバック、小銭などを置かない
  • 車のロックは忘れずに

マレーシアの手口はいろんな手法があるので常に最新の注意を払いましょう!

安全対策6:強盗や空き巣を防ぐ!

割とこの対策は簡単なのに被害に遭う方が多いです。

強盗や空き巣の対策法
  • ドアは絶対に開けない
  • 施錠は必ずすぐにする
  • 知らない人が訪問してきたら無視、もしくはドアを開けない方法で会話を
  • セキュリティを万全に
  • 全ての窓とドアを施錠

何より住宅選びを慎重にすることがセキュリティの対策になります。

というのも、屋上からでもロープをつたって降りてくる手口もあれば、前の住人が鍵を所持していたりすることがあります。

ありとあらゆる手手口でくるので、様々なシチュエーションを考えてセキュリティチェックをしてください!

安全対策7:長期間留守にする場合

一時帰国などで長期間留守にしてしまう場合の対策をお伝えします。

信頼できる知人や隣人に郵便物などの取り込みを頼みましょう!また滞在先の電話番号を教えておいて、たまに自宅の様子を見に行ってもらうようにしてください!

あとは留守のことは信頼できる知人や隣人以外に知らせなくていいです。

できるだけ長期間の留守は避けましょうね!

それでもスリや強盗などで財布を盗られてしまった場合は、速やかにクレジットカード会社に止める連絡をしてください!

何も知らないでマレーシアに行ってしまった方はトラブルに遭う確率がかなり高いです。

最大限の対策をしてマレーシアで観光や生活を楽しんでください!

どれも事前に対策しておけば防げるものばかりです。楽しみたいのであれば安全対策の7つを記憶してくださいね!

マレーシアに海外就職を考えてる方は続きをご覧ください!

治安がわかった人でマレーシアで働きたい!生活してみたい!という人へ

マレーシアに移住は他の国と比べると比較的に簡単な方と言えます。

この機会にあなたにピッタリな海外求人を逃さないためにも、最低2つのエージェントにぜひ相談してみましょう!

エージェントのまとめ

【1】キャリアアップ・年収アップしたい人

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/

  2. 『ビズリーチ』
    特徴:登録して待つだけでスカウトがくる
    公式HP:https://www.bizreach.jp/

【2】未経験&語学力に自信がない人

  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:日本人利用者No.1エージェント
    公式HP:https://www.r-agent.com/

  2. 『doda』
    特徴:転職サポートが手厚い
    公式HP:https://doda.jp/

迷ったら、業界大手の『リクルートエージェント』と『JACリクルートメント』に登録しておけば、幅広く海外求人を確認できますよ!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。