【マレーシアの食情報】食費は安い?日本食は?買い物の注意点など

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. マレーシアの日本食事情
  2. マレーシアの食べ物や飲料の値段
  3. マレーシアの食事情
  4. 買い物のしかた
  5. 買い物をするときの注意点

以前、『幸せ!ボンビーガール』というTV番組でマレーシアが取り上げられ、マレーシア転職に関しての問い合わせをとても多く頂きました。

そこで今回は、皆さんから多くご質問を頂いた中にこんなリクエストがありました…

「マレーシアの物価は日本の3分1って聞くけどホントなの?」

マレーシアに海外就職するにあたり、国も離れているためリアルな情報を知りたくても知る手段が少ないと思います。

結論をこんな序盤で言ってしまうと、物価が3分の1は嘘でもありホントでもあります。

実際に就職相談にのっていても、マレーシアで就職を考える人が増えてきています!

この記事を読めば、なんで物価が曖昧なのかもわかりますよ!

すぐにでも、マレーシア就職を検討したい方は、この記事の後半部分でマレーシア就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

実はマレーシアの物価は高い!?

マレーシアの特集がテレビ番組で放送されることが多くなり、マレーシアの注目度もぐんと上がってきました。

こうしたことから、マレーシアに移住、観光、駐在を考える方も増えてきたのが事実です。

どの番組でも言っていることが1点あります。

それは「マレーシアの物価は日本の物価の1/3」であることです。

確かにマレーシアの物価は安いです。しかし、全部が全部安いわけではありません。そこを勘違いしないでほしいです!

もしかしたら、物価が3分の1と聞いててマレーシアに行かれると、

「え、意外と高いじゃん…」

と思ってしまうでしょう!それでは、マレーシアの食費が一体いくらくらいなのかをお伝えしていきます。

マレーシアでの食費はいくら?

マレーシアの食費

マレーシアの食費はいくらくらい?

比較的安いですよ!具体的に食料品の相場を紹介しますね。

野菜の相場

中サイズの玉ねぎ1個→10円
人参1本→25円
卵1個→10円
キャベツ1玉→95円
ゴーヤ1本→50円
小松菜1束→50円

野菜の価格は平均的にこんな感じです。また補足ですが、マレーシアで売られてる野菜や果物も日系のデパートで色とりどりに陳列されています。

品数も豊富ですが日本で売られてるものと比べると、大きさや形が違ったり、見たこともない野菜もあります。

日本でよく食べている野菜も普通に売られていて、現地産になりますが日本で普段食してるものは簡単に手に入れることができるのです。

※市場で野菜を購入するときですが、値段が書かれていないことが多くあります。その時に、「1キャティ=○○円」と言われることがあり、その1キャティとは重さの単位で600gを指しています。

お米(タイ米)

お米10kg→1250円

マレーシアではタイ米、オーストラリア米、マレーシア米をがよく売られていますが、日本からもコシヒカリを輸入して売られています。コシヒカリは高いのでどの場所でも売っている訳ではありません。

また、日本米が現地でも食べたいからといって持ってくることはできないので注意してください!

※マレーシアでは日本米が原則輸入禁止です。

そのほか

鶏肉一匹→350円
豆腐→50円
牛乳1リットル→220円

肉ですが、スーパーやデパートで輸入の牛肉がかなり安いお値段で売られています。なので、自炊をするとかなり豪華な料理をご馳走できるようになります。

卵と牛乳は輸入許可がないので、マレーシアの卵を食べるしかありません。また日本人はお腹にも弱いので、生水と生卵をそのまま口にするのは避けたほうがいいです。

また、調味料も問題なく揃っています。しかし、賞味期限のチャックは怠らずしてください!もしかしたら、切れてることもありますので…

調味料は高いので引越しの際に日本から持ってくるといいと思います!

お酒

タイガービール24缶→3400円
カルスバーグ24缶→3100円
スーパードライ24缶→5500円

日系のスーパーには日本酒もありますし、日本のビールもあります。

マレーシアでも日本と同じものが食べれるなら安心ですよね!

安いかどうかですが、人によって個人差がありますが、マレーシアの大都市では物価が安いと言えます。

食材にもよって価格が違いますし、スーパーのセールなどあればさらに安く購入することができます。

全ての価格を見てもらうとわかりますが、日本の物価の3分の1のものもあれば、日本より高いものもあるのが事実です。

おまけ:スーパーやデパート以外で食材を購入できる場所

マレーシアではコンドミニアムでも食材の調達ができます。ちょっとした買い物ができるミニマーケット、ミニスーパーみたいなのがついています。

品数は少ないですが、日本の食料品を購入できるので便利ですよね!

また、コンドミニアムの前にはホロ付きのトラックやワゴン車がやってきて、野菜から魚、肉、調味料、果物や米まで購入できてしまいます!

多少お値段は高いですが、日本人で利用している人は多いです。

日本でフェスとかにくる屋台やケバブ売りをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれませんね!

コンドミニアムの他に、パサールと呼ばれている地元の市場で買い物ができます。

朝市と夜市があり、ここは定価のない交渉買いをする場所です。

カタコトのマレー語でも話してみると喜んでもらえて値引きしてくれることもありますよ!

マレーシアでは外食が主流って知ってた?

屋台

マレーシアでは女性も働くのが当たり前です。そのため、夫婦の共働きも多いです。

なので、外食をすることが多くなります。首都のクアラルンプールにも屋台があります。

屋台では、200円もあれば食べることができます。

屋台や市場にはマレーシアの伝統的な食べ物がありますので、現地のローカルフードにいち早く慣れることで節約になりますよ!

ただ、日本と同じものを食べてると高くついてしまうので気をつけてくださいね。

マレーシアで買い物するときの注意点

買い物の注意点

地元のスーパーでは店内入り口で手荷物を預けなければいけませんが、日系のスーパーやデパートではそれがありません。

その分、日系の人を狙ってスリや置き引きの被害が多くなっているそうです。

楽しんで買い物をしたい気持ちもわかりますが、日本と同じ感覚で買い物をせず、手荷物管理をしっかりしてください!

これまで、マレーシアの食事情をお伝えしてきました。

マレーシアに興味を持ち、マレーシアで生活・就職を視野に入れてみたい!と思った方は記事を最後までご覧ください!

マレーシアで働きたい!生活してみたい!

手っ取り早く、「私の状況でもマレーシア転職ができるのか」を知りたいんですよね…

なるほど…

それでしたら、無料で相談に乗ってくれる転職エージェントに問い合わせてみるの効率的ですよ!

「すぐ、自分の状況でもマレーシア転職ができるかどうか知りたい!」という方は…

マレーシア転職をサポートしている会社(転職エージェント)への相談が効率的です。

転職エージェントが良いんですね!

でも無料とはいえ…登録するのが少しめんどくさくて…

無理にはお勧めしないですが、少しでもマレーシア転職の可能性を知りたい人は…

あなたの状況や希望を聞いたうえでマレーシア転職の可能性を教えてくれるエージェントは使うべきです!

日系企業に勤めていた方が初めての海外転職に使っているエージェント「リクルートエージェント」です!マレーシアへの転職にリクルートエージェントを活用した方が年々増しているそうです!

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

他にも、海外向けの転職エージェントだけでもたくさんありますので、あなたに合った転職エージェントに登録することをオススメします!

また、転職エージェントごとに「非公開求人」「その転職サイトが独占している案件」があるため、1つに限らず、複数の転職エージェントに登録した方が、よりあなたにマッチングした企業を見つけることができますよ!

たった3分で登録も終わり、入社までのトータルサポートに一切費用かからないので、まず登録からアクションを起こしてみましょう!

結局はどの転職エージェントを利用しようが、「企業とのマッチング」こそが転職の成功へと繋がります。

ですから、複数の転職エージェントに登録する方が選択肢も増え、転職の成功に近づくわけです!

エージェントのまとめ

【1】キャリアアップ・年収アップしたい人

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/

  2. 『ビズリーチ』
    特徴:登録して待つだけでスカウトがくる
    公式HP:https://www.bizreach.jp/

【2】未経験&語学力に自信がない人

  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:日本人利用者No.1エージェント
    公式HP:https://www.r-agent.com/

  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代の若手向け
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

  3. 『doda』
    特徴:転職サポートが手厚い
    公式HP:https://doda.jp/

さいごに海外就職を実現するため、利用したい転職エージェントや活用法についてご紹介しました。

あなたにピッタリな海外求人を逃さないためにも、最低2つのエージェントにぜひ相談してみましょう!

迷ったら、業界大手の『リクルートエージェント』と『JACリクルートメント』に登録しておけば、幅広く海外求人を確認できますよ!

アジアマガジンはあなたの海外就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。