韓国のパン屋さんってどんな感じ?有名店や日本人にオススメなお店を紹介!

アンニョンハセヨ!(こんにちは)韓国在住の子育て中ママ、ユイです。
今回は韓国のパン屋さん事情について。

日本では美味しいパン屋さんがたくさんあってパン屋さんには困りませんが、韓国はまだ発展途上で美味しいパン屋さんを探すのに一苦労なんです。
そんな韓国のパン屋さん事情を今回はお伝えしたいと思います!

韓国のパン屋さん事情ってどうなの?

日本では高級食パンの専門店など美味しいパン屋さんって至る所にありますよね!
韓国でも最近食パンブームで、さまざまな味の食パンを専門として販売するお店が増えてきました。

私が韓国に来たのは数年前なのですが、その時に比べるとずいぶん美味しいお店と増えてきました。

ですが、はっきりいうとまだまだ日本に比べると美味しいパン屋さんを探すのは難しいのが現実です。

最近、私の住む街にパンがとても美味しいお店が出来たのですが数ヶ月で潰れてしまいました。

韓国ではあまり売り上げがよくないと潰れてしまい、お店がすぐ変わるということもしばしばなんです。

韓国で有名なパン屋さんは?

韓国で街中によく見かけるパン屋さんは、「PALIS BAGUETTE (パリバケット)」と「Tous Les Jours(トゥレジュール)」というパン屋さん。

この二つのパン屋さんはチェーン店なのでソウルや郊外関わらず多くの場所で目にすると思います。

私の住む街にも歩いて行ける距離に2-3店舗あるので便利ではあるのですが、日本のパンのチェーン店に比べると…という感じ。

私は個人的に「Tous Les Jours(トゥレジュール)」のほうがお気に入りです。「PALIS BAGUETTE (パリバケット)」に比べると少しだけ割高なのですが、日本人の口に合うパンが多いような気がします。


日本人にもおすすめな韓国のパン屋さんは?

チェーン店のパン屋さんはイマイチなのが正直なところなんですが、首都であるソウルには美味しいパン屋さんは多くあるんです。

その中でおすすめなパン屋さんが、「京都マーブル」というお店。こちらのパン屋さん、日本の有名店で修行してオープンしたお店でデニッシュ食パンの専門店なんです。

韓国内でとても人気が高く、店舗がどんどん増えていますし、ネットスーパーでも購入できるようになったほど。

もう一つおすすめなのは、「匠や」というお店。こちらのパン屋さんも日本式のパン屋さんで高級生食パンを専門に販売しています。パンを食べると驚くほどふわふわとしていて一度食べると病みつきになります。


今回は、韓国にあるパン屋さん事情についてお伝えしてきました。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。