【大人気】マレーシアの盆踊り|実際に参加してきました!!

▼よく読まれている関連記事
>>【マレーシア編】“海外就職の国選びに役に立つ”基礎情報まとめ!

話題のマレーシアの盆踊りに実際に参加してきました!

こんにちは!ライターのアイユです。8月は夏本番!夏といえば花火や夏祭り、風鈴…季節の風物詩ですね。

実は先日、クアラルンプールで「盆踊り」に参加してきました!まさかマレーシアで日本のお祭りを経験出来るとは思いもせず…ちょっぴり暑い中、気合いを入れて浴衣も着たので、今回は盆踊り@マレーシアの様子についてお伝えします。

実はマレーシアで大人気な盆踊り

マレーシア、盆踊り、2

マレーシアでは毎年7月に盆踊りが開催されます。場所はShah Alamという、クアラルンプールから車で30分ほど離れた地域にある、Panasonic Complex Studium。普段はフットサルや陸上の競技場として利用されています。

主催者は日本人会クアラルンプール。気になる参加者は、なんと約3万5,000人という大盛況!例年よりもかなり多い人数だったそうです。

中心には踊り場があって、和太鼓の披露をしたり、踊り場のまわりをみんなでまわりながら踊るといった会場。赤い提灯が、盆踊り特有の雰囲気を一層掻き立てます。

マレーシアで浴衣も買えちゃいます

マレーシア、盆踊り、1

先ほどの写真をみても分かるように、多くの人が浴衣を着ていました。そして私もそのひとり。実は見つけるのに苦労したこの浴衣。今ではセレブレーションパーティーなど、特別な時に着ていく大切なお披露目衣装です。

この浴衣、実はマレーシアにある伊勢丹@KLCCさんでゲットしたのですが、こちらではほかにもイオンやオンラインショップなどで浴衣のトータルセットを手に入れることができます。

お祝い事などで私も浴衣を着る機会が増えそうなので、少しずつレパートリーを増やしつつ、着付けも上手になりたいです。

 日本のお祭り定番の◯◯も!

マレーシア、盆踊り、3

会場にはヨーヨーや射的ができるコーナーがありました。並んでいるのは子どもたちばかり・・・ですが懐かしくて、なりふり構わず私も一緒になって楽しんできました!そしてその様子がこちら。大はしゃぎの私を見かねて、スタッフの人が助けてくれています。笑

うまくヨーヨーをすくえなくて泣いている子どもを目の前に、3つもゲット…そのうち2つは現地の友達に譲り、みんなで夏の名物ヨーヨーを楽しみました。

もちろん射的でも景品ゲット!何年も前の幼少期に少し戻った気分で、しかもマレーシアにいることも忘れてしまうくらい、本当に楽しむことができました。

 マレーシアで高まる日本の人気

マレーシアでは、盆踊りに限らず普段の生活でも、たくさんの人が日本語を勉強しているなど、日本文化の人気の根強さはどこにいても感じます。去年までは韓国が人気旅行先だったそうですが、今年に入って日本の人気が急上昇とのこと。

その背景にはマレーシアLCCのAirAsiaの努力があるようで、マレーシアの親日化がより進んでいると感じています。会場を見ても各々が浴衣を楽しんでいたり、日本人を見つけると日本語で話しかけてくれたり、一日本人として、とてもうれしい光景でした。

マレーシアであえて日本のお祭りを経験するのも良いですね!ということで今回は盆踊り@マレーシアのレポートでした。来年、皆さんもぜひご参加ください!

▼関連記事を見たい方はこちら
>>マレーシアの暮らし・食べ物・観光など:記事一覧


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。