こんなに便利だった!マレーシアがアジア旅行のハブ!?

19400731_1201484163312900_1945868949_o

こんにちは! ついにマレーシアでの新生活が始まったアイユです。

懐かしのマレーシア。留学中の写真を振り返ると、たくさんの思い出に溢れていました。おいしいご飯、楽しいショッピング、素敵なビーチ……と紹介したい魅力はたくさんありますが、今回は「旅行先としてのマレーシアの魅力」についてお伝えしていきます!

クアラルンプール国際空港は東南アジアの中心地!

名1称未設定

皆さんは、マレーシアのクアラルンプール国際空港が、近隣諸国へのアクセスにとても良いことをご存知でしょうか?写真はマーライオンで有名なシンガポールでの1枚。留学中はベトナムなど近隣の国へも多く旅行へ行きました。

昨年9月に親友と1ヶ月間東南アジア地域を旅行した際には、その利便性に改めて驚かされました。訪れたのはタイ(バンコク)、ベトナム(ハノイ)、マレーシア(クアラルンプール、ペルヘンティアン島、レダン島)、バリ(クタビーチ、アメッッド)。

どの国に行くか、また、どうすれば効率良くまわることが出来るかを調べるうちに、クアラルンプール国際空港がキーであることに気がつきました。インドなど、乗継ぎが必要な便のほとんどがマレーシアを経由しますし、何よりマレーシア発着の航空券は非常に安かったと記憶しています。

東南アジア旅行では気軽にマレーシアへ寄ることが出来るともいえます!

実は国内線も充実!なマレーシア!

クアラルンプール国際空港からはもちろん、日本人が多く住むスバンジャヤに位置するスバン空港からも路線は多数あります。私が留学していた頃も、家から空港までタクシーで20分程とお手軽なので、よく利用しました。

航空会社はマレーシア航空やエアアジアに加えて、マリンドエアライン、ファイアーフライがあり、国内線の多くはプロペラ式飛行機で、1時間前後で到着です。

そして重要なのがそのお値段!場所や時間、時期にもよりますが、片道1500円程からのスタートで、高くても5,000円と、破格の安さです!お財布にもやさしく旅行を楽しめるのも、マレーシアの大きな魅力のひとつです。

マレーシアは陸路も超快適!

19400919_1201484113312905_1621749187_o

航空券が高い・・・めいっぱい旅行を楽しみたい・・・!そんなときは長距離バスがオススメです。TBSという大きなバスターミナルバスからは毎日、マレーシア国内の各地方へ繋がるバスが多く出ています。

行き先にもよりますが、ジョホールバルやランカウイといった国内でも有名な地域へは約5時間で、相場は1,200円となっています。国教を越えてシンガポールへもバスで行けるのはマレーシアならでは、ですね。

また、クアラルンプール市内の交通機関は電車にバス、無料の循環バスに加えて、GrabTaxiやUberといったタクシー配車サービスも利用しやすいです。

電車は「時刻表があってないようなもの」というのが唯一の難ですが、電車内はとってもキレイで、コンセント付きの路線もあります。新しい路線も次々にできていて、便利になっていく様をとても感じます。

東南アジアの旅には欠かせない国、マレーシア

マレーシアでは休日に多くの人が海や地方の実家へ旅行をします。その手軽さのおかげで、私自身も留学中はいろんなところに足を運びました。これからのマレーシア生活でもこの多様な移動手段を使いこなし、マレーシアを満喫していきたいと思います。

今後は実際の旅行記もお送りしていきますので、お楽しみに!

アジアマガジンよりお知らせ

アジアで働くための海外就職相談を受付中!(無料)

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

\いいね!を押して、最新情報をGET!/

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22