外資系企業の営業のリアルを日系企業の営業と比較して解説!

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. 外資系企業と日系企業の営業の違い
  2. 外資系の営業に転職する目的
  3. 外資系の営業はキャリアアップができるのか
  4. 外資系の営業で活躍するための必要な要素
  5. 外資系営業のリアル
  6. 外資系企業への転職方法

「外資系の営業は高年収で激務なイメージがあるけどどうなんだろう…」

外資系企業に就職/転職を考えていている方にとって、外資系ってだけで難しそうなイメージがあるのに、外資系の営業となるとより大変そうなイメージがありますよね。

そこで、この記事では外資系の営業のリアルをお伝えしていきます!

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系企業の営業について解説していきますね!

この記事を読めば、外資系営業の全てを徹底的に理解できますよ!外資系の営業は成長できる環境なので、「外資系の営業で活躍していきたい!」と考えている方であれば、向いている環境です!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

外資系企業の営業と日本企業の営業の違いをわかりやすく解説!

外資系の営業

まず、外資系の営業と日系企業の営業の違いをお伝えしていきます!

外資系と日系の文化の違いで、成果重視の外資系ならではの特徴がありました。

それでは、外資系と日系の営業の特徴を一覧で見ていきましょう!

外資系営業の9つの特徴
  1. 高年収(3,000万円)も狙える
  2. ノルマが厳しい
  3. スケジュールを自由に管理できる
  4. 成果次第で昇給や昇進
  5. 仕事に集中できる
  6. 海外との取引がある
  7. 日系企業のような研修は少ない
  8. 外資系は責任のある仕事を早くもらえる
  9. 出世には英語が必要なケースもある

上記の外資系営業の特徴を1つずつ分かりやすく解説していきますね!

1:高年収も期待できる

日系企業でも営業職はインセンティブがもうけられています。

そのため、外資系のお給料は高年収を期待できるのです。

高年収を期待できる理由は、外資系の営業は給与のほとんどがインセンティブだからです。

外資系企業は成果を出せば出すほど報酬も上がります

外資系生命保険の営業をしている方の中では年収3,000万の方もいるくらいです!

高年収を期待できるのは外資系の営業が近道かもしれません!

2:厳しいノルマがかせられる

外資系企業は日系企業以上に高いノルマをかせられます。ノルマというのは、その日、月の売上目標などがノルマです。

また、その目標未達の時の評価にもかなり影響があります。

営業成績はシステムで管理されるため、全社内でその内容が共有されることもあることもあるのです。

日系以上にノルマを達成するための行動が求められるでしょう。

そのため、外資系では成果が出せないとプレッシャーに追われてしまうこともあります。

日々のプレッシャーに耐える忍耐力のある人の方が仕事に全うできるでしょう!

3:スケジュールを自由に管理することができる

外資系では在宅勤務やフレックス制、リモートワークをもうけている企業が多く、出勤時間が自由な場合が多いです。

成果さえ出してさえいれば、出社をしなくても問題ない会社もあります。

一見すると夢の様な生活にもみえますが、自分でスケジュール管理ができないと、だらけてしまったりして成果が出せないこともあり得ます。

自分に厳しい人なら全く問題ありませんね!

4:成果次第で昇給や昇進

日系企業だと勤続年数において昇給したり、昇進のチャンスがあったりと成績に関係なく役職を上げていくことができます。

日系企業は年功序列ですが、外資系では成果が全てです。

高い成果を出せたぶんだけ昇給も昇進も早くなります。

逆にいえば、成果が出せないとずっと同じポジションのままであとから入ってきた社員に追い抜かれてしまうこともあります。

成果に伴って、役職が上がっていくので、新入社員であっても成果を出せば1年目で役職をもらえることもあるのです!

5:仕事に集中できる

外資系は日系企業に比べて職種ごとの役割が明確です。

日系企業の営業ではなぜか事務や経理の仕事も兼用しなければいけなかったりしますが、外資系では役割が細分化されているので営業の仕事に集中することができます

あれもこれも手伝って、というような文化はなく自分の役割を終えたら帰宅することもできるのが特徴です。

そのため、外資系は仕事の役割が明確なので、自分の仕事に全うして結果を出すことで昇進や昇級をしてもらえる環境です。

6:海外とのやり取りが多い

外資系なので本社は海外にあります。営業の報告をする上司が海外にいるということも少なくありません。

また、場合によっては海外の企業に対して営業するため、出張することもあるでしょう。

クライアントや取引先が海外の企業であることもあるので、海外とのやりとりが多いです。

日系企業に比べ海外との関わりを強く感じながら仕事をすることができます。

それに伴い、英語を使った電話やメールでのコミュニケーションスキルも必要になるケースがあります。

7:日系企業のような研修は少ない

外資系企業に比べ、日系企業は研修が充実しています。

新卒でも中途採用でもマナーや会社のルールの研修があったり、先輩社員のOJTがあったりと新人に対して親切です。

反対に外資系では即戦力を求めるので入社時からプロフェッショナルとしての動きが求められ、ノルマも高い傾向があります。

ですが、外資系でも簡単な研修があります。それは企業によって違うため、転職の面接の際にでも聞いてみるのもいいかもしれません!

8:外資系は責任のある仕事を早くもらえる

日系企業は研修が充実しているとお伝えしました。

しかし、研修が充実している分入社して最初のうちは、責任ある仕事等を任せてもらえません。

いつまでも営業同行が続いたり、補助的な業務が多い傾向にあります。

最初から責任ある仕事を任せてもらいやすい外資系に比べると、日系企業は過保護に感じる部分もあります。

それは採用の意味にあります。外資系の採用は即戦力の人材調達ですが、日系企業の採用は新卒で入社した人には定年まで働いてもらいたいという願いから、サポート体制が整っています。

外資系は責任のある仕事を早くもらえる分、企業から期待されているということなのです!

9:出世には英語が必要なケースもある

日系企業の中でも、ベンチャー企業は外資系に比べて実力主義な面もあります。

外資系では、どれだけ営業力があっても上に上がっていくにつれて本社とのやりとりも重要になり英語力が求められます。

英語ができないと上にいけないこともあります。

逆に、日系ベンチャーではビジネス力だけで勝負ができるので、企業によっては外資系よりもキャリアアップを目指せる場合もあります。

企業によってそれぞれ違いますが、外資系で活躍して出世していきたい方は英語がつきものになる場合が多いです。

以上が、外資系営業の特徴です。

続いて、外資系企業の営業に転職する共通の目的をお伝えしていきます!

今すぐ『私って外資系企業に転職/就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでも外資系就職に興味があれば、

外資系就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

さらに外資系に特化した転職エージェントを知りたい方は、下記の記事に外資系の専門コンサルタントがいるエージェントも加えて紹介しています。

>>外資系転職に強い転職サイトおすすめ3選!3つの転職サイトの強みを徹底解説

外資系営業に転職する皆が思う共通の目的とは?

外資系と日系企業の営業では様々な違いがありましたね。

実際に外資系で働いている方に聞いてみると大きく3つの目的がありました!

転職する目的
  1. 年収UPのため
  2. 英語を使った仕事をしたいから
  3. ワークライフバランスを保ちたい

上記の3つの目的が多かったです!

それでは、3つの目的がホントなのか見ていきましょう!

1.年収を上げたい

日系企業よりも成果で評価される外資系では、成果を出すことができれば年収を上げやすい傾向があります。

自分の営業力を試したい!という方やもっとインセンティブをもらって稼ぎたい!という目的のある方が外資系の営業を目指すことが多いです。

日系企業の営業よりも外資系の営業の方が、インセンティブの額も高い傾向にあり、年収が高くなるのです。

2.英語を使って仕事がしたい

留学の経験を活かして英語を使って仕事をしたい方が外資系の就職を目指しています。

また、海外が好きな方にとっては、外資系の日本法人はとても魅力的に感じますよね。

日本でも英語を使ってバリバリ仕事をしたい!という方が外資系の転職を目指しています。

実際に外資系は英語を使ったコミュニケーションが必要な企業が多いです。

出世するのに英語は必要不可欠であるため、英語を使った仕事をしていきたい方でしたら、とっておきの環境で営業の経験も積めますね!

3.ワークライフバランスを重視して仕事ができる

労働時間が固定で決まっていたり、付き合いの残業がある日系企業に比べて外資系は成果さえ出していれば自由な働き方ができます。

仕事は仕事で割り切り、プライベートを充実させたいと考える人も外資系営業への転職を目指すことが多いです。

外資系企業の営業はキャリアアップしやすい!?

成果主義の外資系企業。

結論から言ってしまうと、日系企業よりも早いスパンでキャリアアップが望めます!

若いうちからマネージャーなどの役職につける

外資系では年功序列はなく、成果で評価されます。

入社1年目でも成果を出し続ければ給料も上がり、若いうちからリーダーやマネージャーになることができます。

若い方でも昇格できるチャンスがあることが外資系のキャリアアップとしては魅力的ですね!

専門性を広げていくことができる

これは外資系だけに限ったことではありませんが、専門性を広げていくことができます。

例えば、IT系の営業だと営業スキル以外にもITの知識など専門的なスキルを要します。

営業だけでなく、専門的な分野でのスキルを身につけることができれば活躍の幅は広がるでしょう。

また、いずれキャリアアップのために転職も考えている方であれば、専門性のスキルを身につけて他の環境で活躍していくこともできますね!

海外で働ける可能性も!

外資系企業なので、当然本社は外国にあります。

成果が認められ、本社での勤務が実現したら海外で働くともできるようになります。

米国の大手企業の日本法人で働いて、努力が認められ米国の本社で働けることができたら素晴らしいことですよね。

外資系であれば、そのような場所を変えたキャリアアップも目指すことができます!

以上では、外資系営業はキャリアップをしやすいことをお伝えしました。

続いて、外資系営業として活躍するための資質をお伝えしていきます!

読んでみて、自分でも外資系営業で活躍できそうと思えたら、外資系営業を転職の候補のうちに入れてもいいかもしれませんね!

外資系営業として活躍するために必要な資質を解説!

ここまで読んで頂けているのであれば、きっと外資系営業で働いてみたいかも!と考えている方が多いと思います。

それでは、最後に外資系営業として活躍するための資質についてご説明します!

必要な要素
  1. コミュニケーションスキル
  2. 積極性
  3. リスクを背負える覚悟
  4. 数字に強い

上記の4つが外資系営業で活躍するための必要な要素です。

1つずつ解説していきますね!

1:コミュニケーションスキル

これは日系外資系関係なく営業には必須のスキルですね。

ただ、外資系の営業では英語のコミュニケーションスキルも必要になります。

社内の外国人の同僚とも密にやり取りをしなければいけない可能性もありますし、海外の顧客とのやり取りも発生するかもしれません。

日本語だけでなく英語でスムーズなコミュニケーションが求められるのです。

2:積極性

外資系では消極的で自信のない方は埋もれていってしまいます。

日系企業のように控えめにするのではなく、主体性を持って行動できる人が求められます。

成果を出すことにも積極できで失敗を恐れず行動できる姿勢が必要でしょう。

自己主張も大切になります。自信がない方や控えめですと、仕事をしているアピールにもなりません。

一人ひとりに仕事があるため、成果や結果のアピールが必要です!積極性はかなり大切ですね!

3:リスクを背負える覚悟

外資系は日系企業と違い成果主義です。

成果の出せない場合は減給、場合によってはリストラという可能性も少なくないのが現状です。

安定志向の方には外資系は向いていません。リスクを背負ってでもチャレンジしていける素質が必要です。

4:数字に強い

外資系営業では日系企業以上に成果を求められます。常にノルマを意識して仕事をすることが求められます。

基本的に全てが自己管理となるので、ノルマ達成までの数値などを考えられたりと数字に強いことが大切になってきます。

以上が、外資系営業では実力主義な分、様々な素質が求められることです!

苦手な部分があれば、克服できるよう意識していきましょう!

外資系の営業は挑戦できる環境です!

外資系の営業は日系企業に比べ、実力主義の面が強く安定しない面もありますが、挑戦したい方にとってはとてもいい環境です。

また、日系企業にある古い慣習も捨てて働くことができます。

あなたの次の転職に求める価値観はなんでしょうか?

もっとチャレンジしたい!という方にとって外資系営業は魅力的な環境です。

まずは求人を見てみることから始めてみてはいかがでしょうか?

おわりに|【鉄板】外資系に転職するなら転職エージェントを利用

外資系企業への転職する手段は知人の誘いを除くと、「転職エージェント」を利用することです。

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

無料な代わりに、求人企業が求職者の想定年収の3割から4割の料金を転職エージェントに支払われる仕組みです。

想定年収によって報酬が変わるため、エージェントも親身になって具体的な求人案件の紹介をしてくれますよ!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

あなたに必要なスキルを教えてくれたり、年収の交渉もしてくださいます!

また求人企業から求められるスキルの詳細情報も知ることができるため、登録して転職活動を始める方も多くいるのです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

またエージェントがサポートしてくれるのでリスクがないんです!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれます)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。