アジア版メルカリ!?Carousell(カルーセル)とメルカリの5つの違いを分析!

こんにちは、アジアマガジン代表の今(@konkeisuke)です。日本ではメルカリがついに上場しますね!アメリカへの展開も全面的に進めていくとのこと。日本発のユニコーン企業ということで、応援しております!

私自身もカンボジアで起業をしていたこともあり、「アジアではメルカリのようなサービスあるんだっけ?」と気になり、調べてみました。

メルカリさんがアジア展開するかはわからないですが、いずれ競合になりそうなサービスがありました!サービスの内容や会社の経歴についても解説していきます。

アジア版のメルカリはCarousell!

結論から言うと、アジアではCarousell(カルーセル)というフリマアプリが人気です。いわゆる「売ります・買います」をスマホから気軽に実施できることが特長です。

上記のような感じで、ファッション・小物などをスマホから気軽に売り買いすることができます。ただ、大きくメルカリと違うところもありました…!メルカリとの5つの違いを記事の後半で解説しますね。。

いまはシンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、台湾、香港、オーストラリアで展開中です。

言語も英語と中国語が使えて、インドネシアやマレーシアはそれぞれの言語でも使うことができます。これもアジア仕様になっていて素晴らしいですね。

カルーセルの説明動画は下記です。英語ですが張っておきます。

メルカリとCarousellの5つの違いとは?

下記は完全に私の独自の判断による分析になります。大きく分けて5つの違いがあると感じました!ではご紹介します!

メルカリとの違い①:不動産とか車も買える!?

上記のような感じで、小物だけではなく大きなモノまで買えちゃいます。普通に車とかマンションとか売ってるし。。ほんとスマホでマンション買うのかなー、とまだ疑問です(笑)

メルカリとの違い②:求人情報も載ってる?

カテゴリーに「Jobs」もあります。この画像のような感じで、求人広告も載せていました。売ります・買いますのフリマアプリではなく、生活掲示板アプリに近いのかもしれません。

メルカリとの違い③:出品・購入の手数料は無料?

これも驚いたのですが、いまのところ出品料も購入の手数料も0円です。メルカリな出品手数料で10%かかりますが、カルーセルでは無料で売ったり買ったりできます。

じゃあ、どこが収益になっているのか?というと出品広告です。トップリスティングと呼ばれる「物を早く売りたい場合にリストの上に表示するプロモーション」で儲けているそうです。

下記のカルーセルCTOへのインタビュー記事も参考になります。日本語記事です。

まもなく上陸?「シンガポール版メルカリ」が日本に注目する理由。シンガポールでフリマアプリを提供するcarousell(カルーセル)のCTOにインタビュー

メルカリとの違い④:値下げ交渉が基本?

これは実際にサービスに触ってもらえるとわかるのですが、商品の買い方が大きく違います。メルカリでは設定された金額に対して、買うかどうかを決定する形です。もしくは「コメント」で、○○○円になりませんか?などと交渉する感じです。

それに対してカルーセルは「チャット」と「メイクオファー」という2つのボタンがあります。チャットは個別で質問したり交渉したりする機能です。

このメイクオファーが面白いです。出品者は87ドルでカバンを出品しているところに対して、「80ドル」などとオファーを出すことができるんです。それをOKするかどうか、もしくは間の84ドルにするかどうか、などはチャットで決まります。

まさにアジアのマーケットの買い方に似ていますね!アジアの売り買いは、まず値切るのが基本ということなのでしょうか!?

メルカリとの違い⑤:アプリ内で決済ができない?

メルカリとの大きな違いは、決済機能がついていないことです。メルカリだと普通に使えるクレジットカードでの決済ができません。

カルーセルでは普通に出品者に「銀行振込」をするか、物を受け取る時に「現金手渡し」の支払いをするフローとのこと 。これはアジアではまだクレジットカードが、一般的になっていないからかもしれません。

カルーセル社はどんな会社?社長や株主は?

Image credit: Carousell

↑この方々が創業メンバーです。お名前はLucas Ngoo氏、Marcus Tan氏、Siu Rui Quek氏です。若いです!会社について調べました!

まずCarousell社は2012年5月にシンガポールで創業された会社です。Startup Weekend Singaporeに参加し優勝したサービスが元になっているようです。

NUS(国立シンガポール大学)の学生が始めたスタートアップ企業ですね。その流れがあり、シンガポール国立大学が運営するインキュベーション事業「NUS Enterprise」の支援を受けています。

Image credit: Carousell

実は日本との関わりもあり、楽天がシリーズAあたりから出資をしています。もちろん楽天以外にもベンチャーキャピタルが多く入っています。他にはベンチャーキャピタルのEDBI・500 Startups・Golden Gate Ventures・Sequoia India・DBSなどです。

2016年のシリーズBでは3500万ドルを調達しています。また、つい先日の2018年5月14日に、8500万ドル(約93億円)のシリーズC資金調達を実施したそうです。

カルーセル社の今後の戦略に関しては、下記の記事も参考になります。

楽天も出資「シンガポールのメルカリ」のAIファースト戦略

まとめ

アジア版のメルカリと言われるCarousellについて、徹底分析をしてみました。もしメルカリさんがアジア展開をする場合は、なかなか手強そうな相手になりそうです。

ただユーザーとしては非常に便利なサービスだと思うので、ぜひアジアに住んでいる方は活用してみてくださいね。アジアマガジンでは「シンガポールで働く」など海外就職の情報発信もしていますので、ぜひ今後もTwitterも含めてチェックしてもらえれば幸いです。

>>現地採用で働きたい人向けまとめ

>>駐在員で働きたい人向けめとめ

>>外資系で働きたい人向けまとめ


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。