外資系の転職はTOEICの点数が高くなければ無理なの?実態を調査しました!

こんにちは、アジアマガジン(@asia_maga)です!

外資系への転職を考えてるけど、英語が不安…

TOEICの点数も低いし、どうせ就職できないんだろうなぁ…

と考えてしまっている方はいませんか?

もしかすると、

今の英語力でも外資系で働けるチャンスがあるかもしれませんよ!

今回は外資系で必要なTOEICの点数について解説していきます!

この記事を読むことで、外資系への就職/転職が近いうちに実現できますよ!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

外資系企業に転職する時ってTOEICの最低ラインはあるの?

まず外資系で最も気になる部分であるTOEICの点数ですよね。

外資系に転職するにはTOEIC最低何点以上といった条件はあるのでしょうか?

正直なところ、それは企業によりけり

外資系企業の中にはTOEICを受けたことがなくてもその他のスキルが高い方を採用するというケースもあります。

一概に外資系企業ではTOEICが必須という訳ではないです。

一般的に750点はあった方がいい

外資系企業では英語ができた方ができる業務の幅も広がり、会社からの評価も高くなります。

仕事においても英語で意思疎通がとれたり英文でのやりとりがスムーズにできる人の方が成長も早いです。

外資系企業に転職するのであればTOEIC750点ほどのスキルが合った方がいいです。

外資系企業の中にはTOEICの点数を問わない企業もあります!

ただ、英語が全くできない人は入社後にとても苦労することになりそうです。

実際にはどれくらい英語が求められるのでしょうか?

そもそも外資系企業ってどれくらいの英語が求められるの?

外資系企業ではどれくらいの英語力が求められるでしょうか?

先程お伝えしたように、外資系企業では求められる英語スキルは職種やポジションによって異なります。

募集している職種の専門スキルが高い人や、日本人クライアントを相手にすることが多い方は英語力が高くなくても採用されることもあります。

ただ、社内システムは英語であるが多いのである程度の読み書きのスキルは必要です。

キャリアアップを目指すのであれば英語は必要である

転職をする以上、キャリアアップも目指したいですよね。

外資系の場合、キャリアアップを目指すのであればビジネスレベルの英語力が必要です。

どうして必要なのか?といった理由についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています!

TOEICは選考基準の中の1つの判定基準でしかない

外資系企業への転職となるとTOEICが何点以上ないと採用されないと思う方がいると思います。

しかし、TOEICの点数は、あくまで選考基準の中の1つの項目でしかありません。

外資系の転職において一番大切なことは、どれだけ自分のスキルをアピールできるかということです。

TOEICの点数が高くてもコミュニケーションが全くとれない人は採用されず、逆にTOEICの点数が高くなくてもアピールが上手にできる人は採用されることだってあります。

TOEICの点数が高いにこしたことはありませんが、低くてもチャンスがないというわけではありません。

英語に自信のない人は積極性など、英語以外の部分でアピールできる部分を見つけましょう!

TOEICの点数に惑わされずに転職をしよう!

外資系=TOEICと思われがちですが、それは企業によりけりということが分かりました。

もちろん外資系で働くのであれば英語を勉強し続けるという努力は必要ですが、現時点で英語に自信がなくてもチャンスはあります。

英語に自信がないけど外資系で働いてみたい!という方は、まずはさまざな求人を見てみることは始めてみてはいかがでしょうか?

TOEICの点数が低くても諦めずに求人を探してみましょう!

あなたにあった求人を見つけることができるかもしれませんよ!

おわりに|外資系に少しでも興味を持った方は…

外資系企業への転職する手段は知人の誘いを除くと、「転職エージェント」を利用することです。

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

無料な代わりに、求人企業が求職者の想定年収の3割から4割の料金を転職エージェントに支払われる仕組みです。

想定年収によって報酬が変わるため、エージェントも親身になって具体的な求人案件の紹介をしてくれますよ!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

あなたに必要なスキルを教えてくれたり、年収の交渉もしてくださいます!

また求人企業から求められるスキルの詳細情報も知ることができるため、登録して転職活動を始める方も多くいるのです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

またエージェントがサポートしてくれるのでリスクがないんです!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれます)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。