【フィリピンの駐在情報】海外勤務の生活は日本と比べどう変わる?

こんにちは、アジアマガジン(@asia_maga)です!

格安留学をきっかけに注目度が上がり続けているフィリピン。

セブ島や首都マニラを中心に日本企業の進出も進み、駐在員の需要も高まっています。

この記事をご覧になっている方の中には、フィリピンへの駐在が決まっている方もいるのではないでしょうか。

実際にフィリピンに駐在すると、生活はどのように変わるでしょうか?

今回はフィリピンの駐在事情についてご紹介します!

フィリピンで駐在員として勤務。フィリピンはどんな国なの?

格安留学やセブ島で知られるフィリピン。首都はマニラですよね。フィリピンとはどんな国なのでしょうか?

フィリピンの特徴

  • 国名:フィリピン共和国 (Republic of the Philippines)
  • 首都:マニラ
  • 通貨:ペソ (1ペソ ≒ 2.4円)
  • 人口:約9400万人(世界12位)
  • 言語:タガログ語、英語、スペイン語
  • 時差:-1時間

フィリピンは熱帯モンスーン気候に属しているので年間を通して気温が高く、平均気温は27℃ほどです。

首都マニラを中心に経済発展が続いていて、生活が豊かにはなっている一方で、地方では昔と変わらぬ貧しい生活をしていたり物乞いが多かったりと貧富の差がかなり大きく出てしまっているという課題があります。

留学者含め日本人が増加傾向に

フィリピンは欧米留学の3分の1以下の費用でマンツーマンで実用的な英語が身につけられる格安留学が有名になりました。

語学学校も年々増えています。留学にいく日本人が増えたのはもちろん、企業の進出も進んだことで在住する日本人が年々増加しています。

治安がまだあまり良くない

一方で治安がまだまだ良くないといった現状があります。

特にマニラ市のマラテ、エルミタ地区ではスリや睡眠薬強盗の被害が相次いでいます。

在留邦人援護件数という、犯罪に巻き込まれた日本人を援護した件数を外務省が発表していますがフィリピンはタイに続いてアジアで2番目に件数が多いです。

ただ、在留邦人数はタイが7万人以上であるのに対してフィリピンは2万人以下なので発生率で考えるとフィリピンがダントツで多いです。

日本にいるときよりも外出時は注意する必要がありそうです。

フィリピンの治安にはまだまだ注意が必要!

発展しつつもアジアらしさも目立つフィリピン。生活はどう変わるでしょうか?

フィリピン駐在員の生活は日本に比べてどう変わる?

経済の発展が続く一方で貧富の差の拡大などの課題もあるフィリピン。

実際に生活をしたら生活はどのように変わるでしょうか?

物価は安いが日本の食事を求めると高くつく

フィリピンの物価はローカルの食事などを見れば日本よりかなり安いです。

ただ、地方によっては住居費が東京に変わらないくらい高い場合もあります。

また、フィリピンでは日本食は高級食材となるのでフィリピンで日本と同じ食事を求めると日本より高く尽きます。

駐在員の給料といえど日本の生活を求めると生活が厳しくなる場合もあるのである程度現地の生活に対応できる柔軟性は必要です。

娯楽が少ない

フィリピンはまだまだ娯楽施設が少ないです。

セブ島であればマリンスポーツなどが盛んで新しい趣味を発見できるかもしれませんがマニラではほとんどの駐在員がゴルフかビリヤードをしているといいます。

せっかく駐在にきたのであれば日本ではできない趣味を見つけてみるのもいいかもしれません。

英語ができれば現地では苦労しない

フィリピンの母国語はタガログ語ですが英語を話すことができればほとんど苦労することはありません。

フィリピンでは小学校から大学まで英語の授業が行われ、国語の授業以外は英語で授業が行われています。

そのためほとんどのフィリピン人が英語を話すことができます。

フィリピンで生活するのであればタガログ語はあまり必要とされないでしょう。

実際に移住した日本人のリアルな声を聞いてみよう

フィリピンの特徴や現地の生活事情についてご紹介してきました。

ただ、一番知りたいのは現地で生活する人の生の声ではないでしょうか?

フィリピンで生活する日本人のおすすめブログ5選

フィリピンに駐在されている方の中には駐在についてのブログを書いている方もたくさんいます!

フィリピンは日本とはかなり違う環境となるので先人の意見はぜひ参考にしたいところ。

こちらの方々のブログを読んでぜひフィリピン駐在の参考にしてみてください!

【フィリピン在住の日本人ブログ5選】フィリピンの暮らしを知る!

2017.04.05

日本企業は今後も増加。フィリピン駐在は大きな経験になる

フィリピンはまだまだ経済成長が見込まれています。

富裕層も多く現れていて億万長者の数は日本人より多いと言われているくらいです。

まだまだ治安の問題などの課題もありますが国の成長を肌で体感できると言う経験はめったにできることではありません。

ぜひ日本ではできない経験を積んで、フィリピン駐在を楽しんでください!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。