カンボジアの雨季はいつから?現地から雨季のメリットも添えてお伝えします!

スォスダイ!(こんにちは!)カンボジア在住管理栄養士のアヤです!

さぁ、やってきました雨季の季節!!今回はカンボジアの雨季での様子を皆さんにお伝えしたいと思います!

雨季の時期はいつから?どれ位降るの?

カンボジアの雨季の時期は例年5月~10月の間で最も降る9月の降水量は1ヶ月で280mm程です。これは乾季の1月0.7mm程と比べるとすごい量です!また、どのような感じで降るかというと、ほとんどの場合は1~2時間の間にシャワーのように降ります。時には痛いようにも感じますし、濡れた時は諦めるしか無いぐらいですね。時間帯としては夕方の15~18時ぐらいが多いです。帰宅時間に大雨の時もよくありますので少し厄介ですね!私が初めて大雨に遭遇した時に驚いたのは、みんな濡れないような格好をするのではなく、濡れても良い格好で生活をしているということでした。なるほど!!現地の人に学べとはこういうことだなと感じました!

この写真は、雨降り後の写真になります。大洪水で道路が川のようになります。翌日には引いていますが帰宅ラッシュ時間と被ると大渋滞で大変です!

雨季の時期の良いところ・・実はあるんです!!!

雨季の時期は嫌なイメージがありますが実は良いところもあるんですね。それを幾つか書きたいと思います!

1)雨が降ると気温が下がる!

雨が降る直前は風が強くなります。少しの間ですが涼しいですよ!(笑)また、降り終わった後は気温が少し下がるので数時間だけ涼しくなります。意外とこの少し涼しくなる時間があるだけで夜の気温も変わってきます。

この写真はランニング後に遊びで撮った写真です。イメージとしては映画:「ショーシャンクの空に」をカンボジア風にパロディしてみました。(笑) こういう笑いの一つでもあると雨季の時期も悪くないなと感じます。

2)サンダルOK!

雨季の時期はカンボジア人のほとんどの人がサンダルで出歩きます。長靴は蒸れるので履きません。実は勤務先によっては会社にもサンダルで行きます!許されちゃうみたいです。高級な本革の靴なんて履くとべショベショになるので履く人は少ないですね。

私も雨季の時期はプール用サンダルを愛用してます。

3)お花が綺麗!!

自然界では恵みの雨になります。植物が青々とし、お花も綺麗に咲きます。原色の強い色のお花が多いカンボジアですがより一層綺麗に咲きます。

4)空気が綺麗になる!(気がする)

空気が浄化されているような気分になります。大気汚染などの埃っぽい地域でも、空気が少しスッキリしたように感じますよ。実際のところは分かりませんが、気持ちが良くなることは大事ですよね。(笑)

5)観光シーズンではないため安く旅行できたりする!

実は雨季の時期を攻略できれば観光地での旅行は凄くオトクなんです!!と言うのも、世界遺産のあるシェムリアップの一流ホテルの宿泊費がハイシーズンより低価格で宿泊できたり、海外からの観光客が減る傾向があるのでスムーズに観光地を回れたり、人気レストランも入店しやすかったりします。

ポイントとしては午前は野外での観光、午後は室内での観光やホテルでゆっくりする事などが良いです!雨さえ攻略できれば楽しく過ごせます。前回の記事でも書きましたが、私達夫婦の結婚式は雨季ど真ん中の8月に行いました。その時ももちろん雨に打たれましたが、雨を避けたスケジュールを考えたのでバッチリでした!

—ただ、やっぱり雨季のデメリットもあります。笑

・・・とは言いつつもやはり弱点もあります。それは排水口がまだきちんと整備されていないので排水口の数が少なかったり、ゴミが詰まっていたりして、水が排水されないことです。それは今後改善していくと思うので、私は早く良くなることを見守っています(笑)

雨季の時期については・・・まだ書き足りないので、次回は雨季の時期パート2を書きたいと思います!
では、さようなら~!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。