海外起業をした経験者が教える!海外事業を立ち上げる3つの掟!

こんにちは、アジアマガジン代表の今(@konkeisuke)です。

日本のベンチャー企業で3年間勤務した後、26歳でカンボジアで人材紹介会社を立ち上げました。そこから2年間経営し、会社を譲渡。日本に帰国して、株式会社BeGlobalを起業するに至っています。

【26歳で海外起業】カンボジアで起業し、社員30名まで成長させた話。

2017.02.26

海外起業についてコンサルティングをするお仕事も、いままで数件ありました。そこで海外起業を目指している方に3つのオキテということで、基本の考え方を伝授したいと思います。

もちろん所属している会社の海外法人の立ち上げや、海外進出・海外展開の担当の方にも、同じように言えることかと思います。完全に私自身の考えですが、ご参考になれば幸いです。

海外企業のオキテ1:住め!

カンボジアで最初に借りたアパート

カンボジアで最初に借りたアパート

はい、最初からめちゃめちゃシンプルです。

海外で起業したいなら、その国に住んでください。

現地にいないとニーズはわかりません。普通に東京にいても、北海道のニーズすらわからないですよね?

だって北海道で言っても、普通に除雪機がホームセンターで売ってるのとか知ってます?(笑)カンボジアの人は本とか漫画とか読む文化が無いの知ってます?

そういう現地の人達の感覚って、住まないとわからないんですよ。1回視察旅行に行って、高いホテルに泊まって美味しいレストランで食事して帰ってきたくらいじゃ、現地の人達の生活は何もわからないです。

現地に住む覚悟がないなら、普通に日本でビジネスした方が全然良いです。

海外企業のオキテ2:聞け!

参加した合同就職説明会

参加した合同就職説明会

海外の事業となると、なぜか妄想でビジネス作りがちなんですよね。これなんでなんですかね。。謎です。

「日本の〇〇を持っていけば行けるっしょ!」的な人たちは、めちゃめちゃ多いです。そんな簡単じゃないですよ。現地にも色んなサービスはたくさんあります。

で、オキテとしては「○○に関して、何か困っていることや不便なことはありますか?」と聞くことです。

僕もカンボジアに行って最初の2ヶ月間くらいは、ずっと聞いて回ってました。結果的に困りごとはたくさんあったのですが、人材採用についての困りごとは全業界で当てはまりそうだったので、人材事業を選んだという経緯があります。

聞いてから事業を始めれば、大きくニーズを外すことはなくなります。

海外企業のオキテ3:話せ!

カンボジア現地のホテル・マンション

カンボジア現地のホテル・マンション

これは自分で語学を覚えて自分で話してください、ということですね。いまは欧米圏だけではなく、アジア圏でもビジネスマン同士では英語が通じます。

自分で思ったことや気になったことを、その場で英語で聞けることや英語でプレゼンできることは大事です。通訳を入れるだけで事業運営のコストは約2倍になります。

少なくとも日常会話レベルの英語力は身につけてください。

日常会話レベルの英語なら、オンライン英会話で十分です。海外留学まではいらないです。DMM英会話とかで1ヶ月間だけ毎日25分ずつ自宅から話せばすぐ慣れます!これなら投資額はたった6000円だけですよ?

いまは2回の英会話レッスンを無料で試すことができるキャンペーン中もしてますし。月額を払って続けられるか不安な方でも、まずは無料で英会話レッスンを受けられます!

海外で起業するなら英語力はほんとに必須です。通訳を頼んだら1日で1万円とか飛ぶので、自分にその分を投資したほうが絶対にトクです。

まとめ

「住め・聞け・話せ!」というのが海外企業のオキテでした。

海外の面白いところは、困ってることはたくさんあるってことです。それを解決すればビジネスになります。

ただ、アジアで言えば、どの業界も単価は安いです。日本の方が経済発展してるので単価が高くて儲かるのは日本です。これは当たり前ですよ。

でも未知の可能性はあります。そして、人生的に見たら面白い経験ができます。

海外起業がすばらしいわけではありません。選択肢はたくさんあります。「日本で就職」「日本で起業」「海外で就職」「海外で起業」など、なんでもありです。まずは自由に選べること自体が幸せですよね。

ということで海外起業をしたい方は応援しています!

ただ恐縮ながら無料でコンサルはできないので、もし相談したい個人の方がいればコンサロで受けてます。法人の方はお問い合わせ頂ければ、何かできることがあるかもしれません!

また有料にはなりますが、「海外起業の始め方。26歳でアジア起業した経験談を元に、15個の攻略法を解説!」という海外起業のノウハウも発信しています。もし良ければ見てみてください。

アジアで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。