必見!「世界一周×ドローン」で世界の絶景を空中から撮影!実施した石神さんにインタビュー!

世界一周をしながらドローンで世界の絶景を「空中から」撮影してきた日本人の方がいます!そのFly around the Worldプロジェクトを実施した石神良英さんにお会いして、インタビューを実施してきました。なぜ実施をしたのか?世界へ一歩踏み出す経緯は?など石神さんの人物像にも迫っていきたいと思います。

まずは映像を御覧ください!

世界一周をしながらドローンで撮影された映像をみてください。どんな忙しい方でも、せめて最初の20秒だけでも良いので見てみて欲しいです!!


いかがでしたでしょうか?個人で撮影から編集まで実施されているから驚きです。素晴らしい映像ですよね!

ということで早速、世界一周しながらドローン撮影をされていた石神さんにお会いしにいき、話を聞いてきました!

IMG_3563

インタビュー開始です!

−今回の世界一周の旅はどんな経緯で行ったのですか?

大学時代から旅が好きだったのですが、会社員として6年間勤務した後に「世界をすべて見てこよう」と思い出発しました。

-どの国からスタートしたのですか?

ラオス〜タイ〜シンガポール〜マレーシアなどの東南アジアから始めました。実は開始時にはドローン企画は無く、バックパッカーとして旅を始めました。せっかくなので何かしながら旅をしたいと思っていた時に、中国でドローンを始めて見て「これだ!」と思いました。旅の途中にしては価格は少し高かったのですが、すぐに中国からWEB通販でドローンを購入しました。

—その後はドローン持ってどのくらい国を回っていたんですか?

アジア含めて世界各国の10カ国19都市を、ドローンで空中撮影しながら旅をしました。

−特に良かった場所はありますか?

初めてのフライト撮影で緊張したベトナムのハロン湾や、いまは撮影禁止になってしまったアンコールワットなどがアジアだとお薦めですね。あとはサハラ砂漠での映像は良い反響を頂いたので、手応えがありますね。

スクリーンショット 2016-05-31 13.01.32

−今回の動画は反響も大きかったですよね!

おかげさまで色々なメディア様に取り上げてもらうことができました。その結果、アメリカの自主制作映画で今回の映像の使用依頼が来たり、野外音楽フェスでのドローン撮影の依頼が来たり、と予想外の繋がりになってきています。出版社からのお声も頂いているので、書籍にも繋がるかもしれません。

—もともと旅が好きだったということですが、一番最初の旅はいつですか?

12年前の20歳の時ですね。大学の春休みを利用し、1ヶ月半のアジア一人旅に出たのが初めての海外です。その時はタイとカンボジアに行きました。

—その旅で感じたことはありましたか?

当時は何か自分を変えたいという強い気持ちで飛び出した旅でした。実際にすべての行動が成長になりました。海外の未知の場所で行動をすることで、自分にも何かできるんだという自信になりましたね。

—そこから旅にはよく行かれていたのですか?

はい、大学中に合計4回の旅に行っていました。2回目はトルコからヨーロッパに入る旅です。3回目はインドとネパールを周り、写真を撮り始めました。カースト制度が残るインドでの経験に衝撃を感じて、取った写真で写真展を開きました。大学生当時に渋谷で写真展をしたので出費はかさみましたが、「伝えたい」というまっすぐな想いで実施しましたね。

—その反響はどうでしたか?

写真を見に来てくれた方には伝えることができ、手応えはありました。ただ場所が限られているので伝えられる人たちが少ないなと思いました。そこで4回目の旅では中東を周り、動画を撮る旅を始めました。エジプト〜シリア〜イスラエル〜パレスチナなどの現状を、写真や言葉では伝えられないので動画にしました。その旅が、動画を使った初めてのプロジェクトですね。

-さらに動画の反響はいかがでしたか?

当時流行っていたmixiや、出たばかりのYoutubeなどを通じて広がりました。色んな感想をコメントでもらえたり、出版社の方から出版依頼があったりと嬉しかったですね。

−その時のご経験がいまに繋がっているんですね!
では、最後に海外で挑戦したい方にメッセージをお願いします。

思い立ったら1日でも早く行ったほうが良い、と伝えたいです。例えばドローンで言えば、撮影が禁止になってきて、アンコールワットなど既に個人での撮影がNGになった場所もあります。早い時期だったから撮れた映像なので貴重な経験が出来たと思います。社会の変化は常に起きるのは、ビジネスでも同じだと思います。思い立ったらすぐに行動をすることでチャンスをつかめます。私自身も今後は海外で働きたいと考えています。ぜひ一緒にがんばりましょう。

まとめ

素晴らしい映像を撮るに至った経緯もお伺いでき、刺激を頂けました。言語に縛られない映像作品なので、海外でのメディアにも取り上げられ始めているそうです。日本人の方が海外でチャレンジした映像が世界中に広がってほしいですね!各国での他のドローン映像もあるので、ぜひ石神さんのFacebookページ”Fly around the World”で詳しい情報をチェックしてみてください!

アジアマガジンはアジアを身近に感じていただけるように情報を発信していきます。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。