カンボジア・プノンペンのセントラルマーケット(市場)の事情を紹介!

スォスダイ!(こんにちは!)カンボジア在住管理栄養士のアヤです☆

今回はザ・ローカル!!と言えばの場所・・そうです、地元民の生活の場・マーケット(プノンペン市内)についてお伝えします。

プノンペンのマーケット(市場)事情

プノンペン市内だけでも10ヶ所以上のマーケットがあります。私がよく行くマーケットはロシアンマーケット、オルセイマーケット、ボンケンコンマーケットなどです。各マーケットには特徴があり洋服店が多い店、コンパクトに買い物が出来る店、カンボジアお土産が多い店、日用雑貨が多い店などざまざまな用途でマーケットを使い分けします。そして、今回はその中でも面積が広く宝石や雑貨の販売が多いセントラルマーケットに行きましたので、買い物の様子を皆さんにお伝えしたいと思います。

セントラルマーケットへ潜入!

セントラルマーケットはボンケンコン1エリアからみて北側方面にあり、ワット・プノンの近くにあります。比較的綺麗なマーケットになりますがトイレ事情はローカル感があるのでトイレットペーパーが無かったり、異臭がするのであまり利用はオススメ出来ません。その他、中心にはドーム型の建物があり、店内では宝石が売られています。お値段も手頃な商品が多いので交渉次第で凄くお得に買えます。

マーケットで売られている食材とは?

マーケットでは魚、肉、野菜、果物など多くの食材が売られています。私は今回、甘栗と今がシーズンのライチを買いました!アメリカンチェリー(輸入品)も欲しかったのですが1kgで35$と高すぎた為に諦めました。でも、このピンク色が美味しそうな色ですよね♡

また、ローカル飯の屋台も立ち並んでいます。屋台で食べるときは、お客の多い人気店で食べると食材が新鮮で美味しいものが食べられますよ!

カンボジアローカルで買った洋服で全身コーディネート!笑

マーケットで買うお洋服は国内の中でもかなり安く販売されています。Tシャツが1枚2$から~ズボンも10$以下で購入できます。洋服の多くはタイやその他近郊の国から輸入されているものが多いです。商品の質はさまざまなので、品定め出来る力は大事ですね。
この日はTシャツ1枚3$(グッチの偽物)とジーンズ生地のワンピース1枚9$の物を購入しました。マーケットで洋服を買うときの弱点と言えば試着が出来ないことです。「試着はダメよ!」と断られてしまうので予め自分のサイズを把握していく必要がありますね。

どうでしょうか、カンボジア感が出ていますかね?カンボジアで買った服を着ていると、周りのカンボジア人と馴染めている感じがするのでコミュニケーションが取りやすくなったり、観光客感が薄くなる分、スリやひったくりに遭う確率も減るかな?と思っています。笑
バッグはカンボジアのお土産としては有名なローカルバッグ6$にクロマー2$を自分で取り付けました。可愛いでしょ?

最後にマーケットを快適に楽しむ方法をお教えします!

ほとんどのマーケットでは冷房がなく暑いです。扇風機が回っていたらラッキー、風の流れがあったらラッキー!ぐらいの設備です。ですから暑い日中の時間帯は避け午前中のうちに行くことをオススメします。私は所要時間30~40分以内に済ませます。1時間もいると暑くてぐったりします。また、生鮮コーナーでは床に汚水が流れているんで綺麗な靴よりはビーチサンダルなど汚れても良い靴で歩いた方が良いですよ。

以上、ローカルマーケット情報でした!今後もマーケットで面白い情報がありましたらお伝えします! それではまた~!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

[addtoany]

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。