海外で働くメリット5選!海外転職や就職のデメリットまで徹底解説

こんにちは!

海外就職ノウハウの発信から実際に海外転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

グローバル社会へと変化を続けている現代では、海外で働いてみたいと思う方も増えているのではないでしょうか?興味はあるものの、慣れ親しんだ自国を離れて海外就職するのは簡単なことではないので勇気がいるもの。

なかなか踏み出すのは難しいかもしれませんが、海外で働くと日本では経験できないメリットがたくさんあります。ただ、メリットもあればもちろんデメリットもあります。

今回は海外で働くメリットとデメリットを紹介します。

転職をしようか悩んでるなら…
<画像>リクルートエージェント
海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」が一択です。

日本国内・海外の求人数が業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができますよ!

転職エージェントは無料で利用でき、相談だけでも大丈夫なので、相談だけでもしてみる価値はあるでしょう。

海外で働く5つのメリット。生活・経験などさまざまな視点から紹介

海外で働きたいと思っていても、なかなか踏み出すのに勇気がいるものですよね。海外で働くことは日本では経験できないメリットがたくさんあります。

その中でも5つのメリットをご紹介します。

メリット1: 国際的な視点が身につく

海外で働くことによって日本では経験ができない国際的な視点が身につくようになります。

自分たちの生まれ育った国が海外からどのように見られているのか知ることができ、日本を客観的にも見られるようになります。

また、ビジネスを日本の市場だけでなく世界規模で考えることができるようになるため、視野が大きく広がります。

メリット2: 実力次第で早期で役職も目指せる

2つ目のメリットは、日本で働いているよりも、早期のキャリアアップを目指せること。

海外では、日系企業の場合でも少数で仕事をしているところがほとんどなので、実力次第では早い段階からマネージャーなどのポジションを目指すことができます。

現地のスタッフのマネジメントをする経験などは、帰国後の転職の際などにもかなり活かせるので自分次第で大きくキャリアアップを目指せます。

メリット3: 活きた英語が身につく

3つ目のメリットは、活きた英語が身につくことです。

英語は、日常的に使用するのが最も上達します。実際に英語を使って仕事をすることで、頭で翻訳をすることなく反射的に英語を話せるようになります。

海外就職をすることで、英語を話さなければいけない環境を作ることができるので仕事をしながら英語を身につけることができるようになります。

メリット4 : 転職に有利になる

4つ目のメリットは転職の際に大きなアピールポイントになること。

グローバル化が重要視されている現在、海外展開に積極的な企業が増えてきています。

そのため、海外で仕事をしていたという経験は、企業の海外展開において即戦力になると判断される可能性も高く、採用されやすい特徴があります。

海外で数年勤務をしてマネージャー職の経験もしている場合かなり好条件で働ける可能性もあるので、大きなキャリアアップを目指している方にとっては大きなメリットに感じるでしょう。

メリット5:国によっては貯蓄ができる

5つ目のメリットは、滞在する国によっては日本にいるよりも貯蓄ができること。

特に東南アジアでは物価が日本の3分の1ほどに安くなるため、日本に住むよりもかなりコストを下げて生活することができます。

ただ、現地採用の給料相場も日本の給料に比べて安くなる傾向がある上に、日本と同じ水準で生活をしようと考えると生活コストがかなり高くなってしまいます。

貯蓄をしたいのであれば、いかに現地の生活に馴染めるかが重要となってきます。

海外就職にはメリットがたくさんあるんですね。

キャリアアップもしたいし早く就職して海外で働きたい!

そうですね、海外就職にはメリットがたくさんあります!

ただ、デメリットもあるのでその点は知っておく必要がありますよ!

海外転職や海外就職するデメリット。日本を離れて生活することで起こる特有のものもある

海外就職には早期のキャリアアップが目指せたり、日本ではできない経験ができたりとメリットも多いです。ただ、メリットがある分デメリットもあり、日本にいたら経験することのない厳しさなどもあるのも事実です。

では海外就職にはどのようなデメリットがあるかご紹介します。

英語ができないと生活が厳しい

1つ目のデメリットは英語ができないと生活が厳しいこと。

やはり海外で生活をすることになるので、さまざまな場面で英語や現地の言葉が必要となってきます。

住生活にあたる生活面や仕事の時でもコミュニケーションをとるために英語力は必須なので、英語力がない方にとっては生活するのはかなり厳しいかもしれません。

求人に英語力不問のものもありますが、一定の英語力をつけるもしくは、働きながらも勉強し続けるという気持ちが必要です。

リストラになるリスクは高い

2つ目のデメリットはリストラになるリスクが高くなること。海外就職の場合、就労ビザの関係から、契約社員として採用になるケースがほとんどです。

また、日系企業であっても日本国内よりもリストラをする傾向があり、仕事ができないと判断された場合リストラされてしまう可能性が高いです。

就労ビザが終わるタイミングで、会社が契約を更新しないというケースも頻繁にあるのでそのリスクと向き合うことが大切です。

日本にいる友人や家族と疎遠になる可能性も

3つ目のデメリットは日本国内の友人や家族と疎遠になってしまう可能性があります。海外就職をすると、日本には年に1,2回帰れるか帰れないかになる方がほとんどでしょう。

その場合、友人の結婚式に参加できなくなってしまったり、家族の葬儀の参加ができないといったことも考えられます。

海外就職には大きなメリットもありますがデメリットもあります!

これらのデメリットとしっかり向き合った上で海外就職をするかどうか決めていくことをおすすめします。

海外で働くと留学や旅行ではできない経験ができる。デメリットも踏まえて就職を目指そう

日本で働いているだけでは経験することのないメリットやデメリットが海外就職にはあります。人生を大きく変える決断なので迷ってしまいがちですが、海外で働くことは留学や旅行では味わうことのできないものがあります。

ご紹介したデメリットをよく考えた上で、自分は海外就職ができそうかどうか、考えてみてくださいね!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

[addtoany]

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。