外資系の契約社員・派遣社員から最短で正社員になる方法を大公開!

この記事でお伝えできること

  1. 契約社員・派遣社員・紹介予定派遣から正社員になる方法
海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。

今現在外資系で働いていているけど正社員ではない、もしくは次の転職でまず正社員にならないで様子を見て正社員になりたいという方たちは

「どうしたらいずれ正社員として契約してもらえるのかな?」

「どうしてもこの会社で正社員として働きたい!」

と疑問に思ったり、挑戦したいと思っている方が多いと思います。

実際に就職相談にのっていても、途中から正社員になりたいと考える人が増えてきています!

そこで、今回は正社員になる方法について解説していきますね!

この記事を読めば、正社員として契約してもらえること間違いありません!

すぐにでも、外資系を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
 

そもそもなんで契約社員を正社員として昇進させるのでしょうか?

なんで会社は契約社員に正社員の昇進試験を設けているの?

正社員になってもらえれば仕事の幅が広がりますよね。

優秀である社員の仕事の幅が広がれば、さらに高い成果や実績を生み出してくれるのではないかと思うんです。

しかもお客様と会社の利益にも繋がりますしね。

私自身、ここの職場の環境がとてもよくてこの会社で正社員になりたいんだけど・・・

どうすればいいの?

私から見てると、あなたには正社員になる人に共通するものが抜けているように見えます。

会社にとって求める人材とは、「会社にとって必要なスキルを身につけ、仕事に活かす」ことです。

この努力をしているかが重要ですね。

今の会社で正社員になりたい理由って何?

正社員になるには転職活動をして正社員になる方法もあると思うけど・・・

今働いている会社に魅力があって、年収をあげてここで社会的地位をあげて成長していきたいです!

正社員に必要な能力って何があるの?

1番の近道はあなたの会社で正社員になった人の真似をすることです。

真似ることで学んで実行して、自分のものとして吸収するのです。

じゃあ正社員になった人のどの部分を真似ればいいの?

私が研究して真似た3つを教えますね。

真似るべきポイント

  1. リーダーシップ
    →社員を引っ張る
  2. 課題を見つけ解決する能力
  3. 指導力・マネジメント力

この3つさえできるようになればあなたも立派な会社が求める人物像になるんです!

真似るべきポイント1|リーダーシップ

リーダーシップを持っている人は会社には必要です。

仕事は1人周囲を巻き込んで、率先して引っ張れる人が欲しいのです。

組織で協力してやり遂げる事で、1人よりも大きな成果を上げることができます。

会社の方向性に合わせて同じ方向に導き、成果を出せる人が外資系では特に必要なんです!

真似るべきポイント2|課題を見つけ解決の能力

外資系では自分の仕事は自分の仕事という環境です。

自分が置かれた立場で自分の問題を解決する能力が必要になります。

問題意識を持っている人は比較を頭の中ですることができ、どの案が最適かを選ぶこともできます。

成果主義の外資系企業にとって、結果を出す前のプロセスの部分も重要になります。

真似るべきポイント3|指導力・マネジメント力

正社員は指導をし、高い質で成果を生み出せる社員を育成しなければなりません。

自分が学んだノウハウを共有し、育成し、自分の分身を作る必要があります。

そうすることで、さらにお客様を満足させ会社の利益として繋がるのです。

最短に正社員になるための方法を紹介しました。

次に海外就職・転職でサポートしてきたアジアマガジンが特別アドバイスをします!

こうすれば正社員になれる・・・とう方法を教えますね!

すぐにでも正社員になるまでの秘訣

あとどれくらいの期間で正社員になるかを考えたことはありますか?

んー…

私の会社は入社してから早くて1年後に正社員登用試験があるので、

それに受けて正社員になりたいと思っています。

であれば、あと1年後に正社員になると誓って仕事に取り組みましょう!

取り組み方ってどうすればいいの?

まずはライバルに差をつけることから始めましょう!

というのは先ほど教えました能力を必ず身に付けること。

1年後から逆算して計画的に行動するようにしましょうね。

計画して行動に移せるのかな・・・

それはあなた次第ですね。

正社員になるまでの期間を決めたのでしっかりと意識してください。

人は締め切りが近づくほどさらに必死になると思うので!

確かに締め切りが近づくと不安にもなるし焦る・・・

じゃあ、何かコツとかありますか?

よく「やってよかった」と言われるのが、

「手帳に書くこと」ですね!

何月までにライバルに差をつけるために成果を残す、何月までにリーダーをやってチーム成績を1位にするなどの目標設定をすることをおすすめしてました。

なるほど!!

そして行動したことを振り返って何が良かったのか、悪かったのか、なんで出来なかったのかを振り返る事が大事なんですよね?

その通りです!!

振り返りを毎日行う事で成長力が上がります。

あとアドバイスをするとすれば、「発言も行動もポジティブにする」「試験対策を行う」事ですね!

おわりに|正社員になる方法のまとめ

方向性がわかれば正社員になった同じ方向に努力していくだけで正社員になることができます。

正社員になるために試験も頑張ってください!!

また、他の方法として「転職エージェント」がオススメです!!

転職エージェント利用したことないし、正社員で働けるの?

全然問題ないです!まずは具体的な求人を見ていくことから始めるべきです!

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

外資系IT企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェントは国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!

 


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。