「英語ができる人しか海外で働けない」は間違い!英語力が重要ではない3つの理由

「海外で働きたいけど、迷っている」そんなご相談をよく受けます。迷われている理由として、「英語力に自信がありません・・・」がダントツに多いです。今まで経験のない海外転職にチャレンジすることは相当な勇気や強い意志が必要です。だからこそ、今回は『アジア転職する上で、英語力が重要ではない3つの理由』をご紹介します。

アジア転職する上で、英語力が重要ではない3つの理由

1)英語はただの手段だから

アジアで働くうえで、もちろんコミュニケーションとしての英語は必須になってきます。ただ、英語だけが話せる人材は必要とされていません。その先にあるものが求められています。その人に何らかのスキルや出来ることがあったうえで、初めて海外で必要とされる人材になります。英語よりも、「あなたが何ができるのか?」が大事なのです。

2)英語ができないから留学する。それと海外就職も同じだから

海外留学も海外就職も、英語ができないから、できるようになるために行くのです。本気で海外で働きたい人や本気で海外で暮らしたい人は、英語力を理由に諦めません。たとえ、英語力が低くても既に現地へ移住したり、行動しています。英語力を理由にして海外を諦めている人は、もう一度、何のために海外で働きたいかを考えるべきです。本当に行きたい理由があれば、すぐにでも行動に移すことをおすすめします。

3)できない理由を探す時点でサバイバルできないから

海外は日本と文化が全く違います。日本にいる時点で、英語力を理由にして海外を諦めている人は、海外に行った際も、できない理由を探します。「日本では〜だったのに」「〜だからできない」などなど。海外で活躍する人は、「〜だからどうしようか」「〜だからこうしよう」と次の行動をしています。英語力をできない理由にしている人は、海外ではサバイバルをしながら活躍することはできないため、日本で働くことをお勧めします。

最後に

まとめると「英語ができる人しか海外で働けない」は間違いで、英語力が重要ではない3つの理由とは、下記の3つです。

1)英語はただの手段だから
2)英語ができないから留学する。それと海外就職も同じだから
3)できない理由を探す時点でサバイバルできないから

海外で働くことに関して、様々なご意見があります。ただ、今回、お伝えさせていただいた3点も現実としてあると考えています。アジアマガジンでは月に40名程のご相談に受けていて、海外で活躍する人は、英語力を気にしないという共通点がありました。

英語力が高くない状況でも、『今すぐ勉強をする』『海外で働きながら英語を勉強する』など、選択肢はたくさんあります。まず、今すぐにでも始められることから、考えてみてはいかがでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。