【アジア転職】アジアで働いて身につく3つのスキルとは?

アジアで働いて身につく力を3つあげてみます。2年間の海外就職後に感じたアップしたスキルについて書きます!

1:サバイバル力

これは「何もなくても自力で何とかする力」です。
選択肢が少ない中で、新しい選択肢を作り出すことで、
なんとか生き抜いていくシチュエーションが出てきます。
英語が話せないカンボジア人とどうにか商談するような感じです。

2:使える英語力

TOEICで高得点をとっている人でも実際には英語で話せない人もいます。
特にアジアなどの英語がネイティブでは無い国では、
逆に難しい単語を使ってしまうと伝わないケースもあります。
いかに伝えたいことをシンプルにして、
簡単な英語で会話し伝えるかが大事になってきます。
ここができてくると、試験の英語力とは違う「使える英語力」が身につきます。

3:異文化理解力

雨の日は遅刻しても当たり前?的なことが起きます。
その時に日本人の感覚で怒ってしまうと問題になります。
実際には雨で道路がほぼ「川」になり、バイクが使えないケースも多いです。
常識を押し付けず、こちらの都合で決めつけずに、
異文化を聞いて理解する力が身につきます。

以上です。ぜひアジアならではの3つのスキルを身につけられるよう、トライアンドエラーで頑張っていきましょう。これからも「アジアで働く、を選択肢に」できるよう頑張ります。

アジアで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。