【ダナン研究】オフショア拠点でベトナムのダナンが人気の3つの理由とは?

前回は【ダナン研究】と題して、ベトナムの第三の都市ダナンに注目して、データをまとめました。(【ダナン研究まとめ】ベトナムの注目都市ダナン!ビジネス概況をまとめてチェック!

追加情報として、ダナンはITのオフショア拠点として注目がされていることがわかりました。そこで今回はベトナムの中でもITのオフショア拠点として人気の理由を3つにまとめました!

1つ目:ハノイ・ホーチミンに比べて賃金が安いから

ハノイ・ホーチミン・ダナンの賃金比較はコチラ

スクリーンショット 2016-04-19 13.25.17

JETRO投資コスト比較より引用。表はアジアマガジン作成

ベトナムは最低賃金がエリアによって異なる制度になっています。(例えばカンボジアなどは国として1種類の最低賃金)そもそもの法定最低賃金がハノイ・ホーチミンに比べて、17ドルほど安いですね。また特にマネージャークラスや、一般職だと1.5倍ほど違ってきます。都心部よりは安くおさえられている印象です。

2つ目:ダナンには大学が10校あるから。

第三の都市ですが、大学も実は意外とあります。下記が大学一覧です。

公立総合大学:6 校

  • ダナン工科大学
  • ダナン経済大学
  • ダナン外国語大学
  • ダナン教育大学
  • ダナン健康設備大学
  • ダナンスポーツ大学

私立大学が 4 校

  • ズイタン大学
  • ダナン建設大学
  • ドンア大学
  • FPT IT 大学

その中でも、企業名の入ったITに特化した大学もあり、興味深いところです。ちなみにFPTとは会社名で、ベトナム内で非常に大きなIT企業です。

▼FPTのご紹介

従業員数9000名、売上 1億35百万USドル、という超巨大企業です。
https://www.fpt-software.jp/

スクリーンショット 2016-04-20 22.38.57

ちなみに僕も東京でFPTジャパンの方とお会いしたことが有りますが、日本語・英語・ベトナム語のトリリンガルで、SAP(エスエーピー)というシステム言語を使いこなす、スーパーベトナム人エンジニアでした。日本からもシステム受注をして、ベトナムで開発の一部を実施しているようです。

3つ目:すべてが都心に近いから。

空港から都心までも車で15分ほど。都心から海までも車で10分ほど。ホイアンやフエなどの景観のキレイな観光地までも車で1時間ほど。非常に都心からのアクセスが良い環境にあります。単純に生活環境の気持ちが良いところは、エンジニアにとっては好まれる場所になります。ネットがあればエンジニアはどこでも働けるので、人混みの中ではなく「気持ちよさ」が人気になります。

DSC02399

以上です。今回でダナンシリーズは一旦完結です。今後、観光やオフショア拠点として注目が集まる、ベトナムのダナンもチェックしてみてください!アジアマガジンでは引き続き、アジアビジネスのお役に立つ情報を発信してまいります。

 


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。