【人口世界2位インドの平均年収】日本人が転職したら給料/月収は?

こんにちは!海外就職ノウハウの発信から実際に転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

英語が通じることやITスキルの高さから世界的に注目され急成長を遂げるインド。

独特の雰囲気を好きになり、移住を決める人も増えてきています。

「インドに魅了されて移住したいんだけど、年収いくらくらいあれば生活できるんだろう・・・」

この記事では、こういった疑問に答えます。

今すぐ『私ってインド就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでもインド就職に興味があれば、

インド就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

インド人の平均年収 | 月収いくらで生活しているのか

フィリピンの平均年収

発展する一面もあれば変わらないカースト制度によって、貧富の差が開いていくという事実もあるインド。

実際、インド人は月収いくらで生活しているのでしょうか?

インド人の平均年収は?

インド人の平均年収は、約180万円です。

月収に換算すると、15万円ほどになります。

また、インドの大学の初任給は、約5万円です。

この金額はインド全体の平均年収となるので、首都デリーで働くインド人の給料は高くなります。

現在、インド人の大卒の初任給は約5万円ほどと言われているので、学位を持ったものや一部の富裕層が平均年収を押し上げていることがわかります。

インドでは格差があるため、職業別の年収をご紹介しておきますね!
職業別の年収
  • 土木技術者:約50万円
  • ソフトウェアエンジニア:約70万円
  • 運用管理者:約115万円
  • シニアソフトウェアエンジニア:約120万円
  • ソフトウェア開発者:約620万円
  • 機械エンジニア:約55万円
  • プロダクトマネージャー、情報技術者:約220万円

上記で挙げたものが高年収を期待できる職業です。

このデータを見ただけでも、年収が高いことがわかります。

さらに、職業によって格差が生じていることもわかります。

インド人の特徴は?

インド人の働き方の特徴は、日本に比べ転職率がとても高いことがあげられます。

日本のように年功序列の制度がないので平均3年ほどで給料の高い他の会社へ転職する傾向が強いようです。

また、インド人が最も優先するのが『家族』です。

家族のお祝い事やイベントなどがあると真っ先に実家に帰るという特徴があります。

基本的に残業もせず、終業時間になると仕事は次の日に回し、さっと切り上げるインド人がほとんどです。

従来の日本の働き方とはかなり違っていますね。

インドの平均年収で日本人でも実際に生活していけるの?日本人でも生活が可能

インドの生活費はどれくらいかかる?

インドは物価がとても安く、工夫次第ではかなり安く生活ができます。

首都のデリーでも、4人家族で約15万前後、単身の場合は約10万円ほどあれば快適な生活ができます。

インドの現地採用の給料の最低額は決まっているので、インドの生活に溶け込むことができれば日本にいるときよりもかなり貯金ができます

インドの物価も何点かご紹介しておきますね!
インドの物価
  • キャベツやトマト:40円
  • 人参やさつもいも:50円
  • ピーマン:70円
  • 卵6個入りパック:40円
  • 水(2リットル):50円
  • オレンジ:40円
  • りんご:60円

ただ、インドに住む以上日本と同じレベルの生活は求めるべきではありません。

インドは現地のレストランや食材はとても安いですが輸入品となると日本以上に高いです。

外食のレストランだと3,000円から6,000円ほどします。

インドで日本と同水準の生活を求めてしまうと、日本以上に生活費がかかってしまいます。

インドで生活するのであれば現地の生活に馴染めるかどうかはとても大事!

日本レベルの生活を求めないようにすれば貯金額も増やせます!

すぐに転職した場合の年収を知りたい人は…?

◎無料で年収診断ができる『ミイダス』がおすすめ

【公式サイト】https://miidas.jp/

miidas(ミイダス)という無料転職サービスに簡単な情報を入力すると、転職市場でのあなたの価値を診断してくれます。(スマホから5分の簡単登録!)

人口世界第2位のインドの特徴

インドの特徴

インドは中国に次ぐ世界第二位の人口を誇っていて現在も増え続けています。

2030年には人口が中国を追い抜くと言われています、、、

そんな勢いのあるインドにはどのような特徴があるでしょうか?

物価が安い

経済成長が続くインドですが、まだまだ物価は安いです。

インドの物価は日本の3分の1から4分の1と言われています。

ただ、物価は2極化が顕著で、ローカルのインド人が利用するような食材や交通機関などはかなり安いのです。

しかし、少し高給なレストランや輸入品になると値段が跳ね上がります。

貧困の差が激しい

インドは首都デリーを中心に発展が進み、デリーで働く人々の中には富裕層が増えいます。

一方で地方に住むインド人は貧しい人も多く貧困の差が広がってしまっているのが現状です、、、

貧困の差が広がっている背景にはカースト制度の考え方が残ってしまっているのが課題になってきそうです。

インドでは名字だけで出生地域とカーストが知れるので、低いカーストの地位とされている方は身分の低い扱いを受けてしまう傾向があるようです。

インドに転職するなら生活力と柔軟性が必要

世界的に注目を集め今後も発展していくことが見込まれているインド。

現地採用の平均年収で生活するには、現地に合わせられる柔軟性と工夫した生活力が必要です。

現在日系企業の進出も増え、日本人現地採用の求人も増えています。

インド就職にさらに興味がわいた方はこちらの記事もぜひ参考にしてください!

就職するしないに関わらず、まずは海外就職のプロに相談をして、まずは自分自身のインド就職の可能性を把握しましょう!

少しでも選択肢を見てみたい人は、無料であなたに合った駐在求人を紹介してくれる転職エージェントへの相談がおすすめです。

インド就職を考え始めたら、すぐにインド現地の就職支援会社ではなく…

日本拠点があり、海外求人を扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

インド就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.海外就職全般の傾向や給与の相場感を掴むため

2.選択肢を広げるため(実際に最初の希望とは違う国に就職した人も多いです)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、現地に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、海外就職の成功のカギです。

インドへの転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

インド就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広くインド求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/

  2. 『doda』
    特徴:国内外の転職実績や成功ノウハウが強み
    公式HP:https://doda.jp/

また、インドの転職エージェント情報に関して詳しく知りたい方は、こちらの記事も参照ください!

アジアマガジンはインド就職を応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。