カンボジアの治安は?プノンペン&旅行/観光地シェムリアップを在住日本人が解説

スォスダイ!(こんにちは!)カンボジア在住管理栄養士のアヤです!

今回はカンボジアの治安は大丈夫?もし何か事件、事故に巻き込まれたらどうしよう!…ということでカンボジアの治安状況についてお伝えします。

カンボジアでは首都プノンペンの他、シェムリアップ、プレアシアヌーク、カンポット、ケップ、コンポンチュナンなどその地域によって治安の善し悪しは変わってきます!

プノンペンの治安は特に注意?旅行の際も注意が必要

私の住んでいるプノンペンではスリ、置き引き、引っ手繰りなど危険な事件に巻き込まれることが頻繁に起こります。とくにボンケンコン1エリアでは多い傾向にあります。私の友人も3回ほど引っ手繰りに遭ったと言っていました。

引っ手繰りの方法としては私達が路上を歩いているときや、トゥクトゥクに乗っているときに2人乗りのバイクが後ろからスーッとやってきて、一瞬でバックを盗みます。何が起きたのか分からないぐらい一瞬の出来事ですね!気付いた時にはバックの紐だけが手元に残されている時もあります。ブランド品の高級バックを引っ手繰られたらショックですよね!安くて丈夫なバックやリュックを持つことをオススメします!

プノンペンの良い面では、交通事故での死亡事故が少ないことです。車通りが多いのでゆっくりと運転します。ですから、車とバイクがぶつかっても大きな事故に繋がることが少ないです。

私がカンボジアで遭遇した危険だったこと!

普段は穏やかなプノンペンですが、タイミングによっては危険な場面に遭遇する時があります。その中でも私が危機一髪だった事件があります。それは、ある日ボンケンコン1エリアのストリート63を歩いていた時のことです。

夕食を食べ終え、路上を少し歩いていたところに後ろから2人乗りのバイクがやってきて友人の肩掛けバックを盗もうとひったくりました。「あっ!」と思った時、ひったくりに失敗しカバンを取り損ねました。この時、盗まれずに済みましたが、バイクに乗った二人組は普通の服装で人相は悪い人に見えず、見た目で悪人かそうでないかは分からないと感じました。

他にも、この通りは観光客も多く通るのでパスポートが入ったカバンを引っ手繰られた!と慌てていた外国人を見掛けたこともあります。長年住んでいる日本人でも油断していると事件、事故に巻き込まれることがあるので気をつけたいですね!

観光地シェムリアップの治安は安全?

シェムリアップは観光地として有名で観光客も多いですが、実はプノンペンより事件、事故は少ない傾向にあります。それは、穏やかな性格のカンボジア人が多いからだと思います。

観光客を笑顔で迎えてくれる人が多いですね。ありがたいです!

ですが、そんなシェムリアップでも気をつけてほしいスポットがあります。それは、ナイトマーケット、パブストリートなど深夜の人混みの多い場所です。ひったくり、スリ、怪しく話しかけてくる人がいるので気をつけてください!見ず知らずの現地人から話しかけてくるときは要注意です!

その他のカンボジア地域の治安は?

地方の田舎の方ではスリ、置き引き、引っ手繰りなどの犯罪は少ない傾向にあります。そもそも観光客が少ないということもありますが、のんびりとゆったりした生活をしている方が多いので危険な事件が少ないと思います!田舎の雰囲気を知りたい!と思っている方は車の事故などに気をつけて行ってもらえれば楽しめる場所になると思いますよ。

以上、カンボジアの治安状況について簡単に書いてみました~。もっと詳しく知りたい方は在カンボジア日本国大使館のホームページを見ていただくとより正確な情報をゲットできるのでおススメですよ!
では、さようなら~!

カンボジア就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

カンボジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。

アジアマガジン、LINE@

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。