外資系企業でのキャリアプランの考え方をどのサイトよりも詳しく解説

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. 外資系に転職してからのキャリアの考え方
  2. キャリアプランの考え方
  3. 面接でキャリアについて聞かれた時の対処法
  4. なぜキャリアについて聞かれるのか
  5. キャリアプランを達成するための3つのポイント
  6. 外資系で活躍している人の特徴
  7. 外資系企業に上手に転職する方法

「外資系に転職した後って、みんなどう考えているんだろう…」

外資系企業に就職/転職を考えていている方にとって、転職後のキャリアプランが不安になりますよね。

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系企業への転職に成功した後のキャリアプランについて解説していきますね!

この記事を読めば、外資系へ転職した後の10年後のキャリアプランを考えることができるようになりますよ!

また、自分の将来が楽しみにもなります!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

外資系企業への転職後のキャリアについて深く考えることが大切!

外資系はご存知ではない方もいると思いますが、クビやリストラがあることが特徴的です。

クビやリストラがある分、外資系に転職する方は今後のキャリアプランを意識することが多いです。

また、企業側も頑張りを給与として還元することはもちろん、役職やポジションの昇格をすることで人材の流出を防ぐことをしています。

この記事を見ている方は、外資系への転職を考えている方が多いでしょう。

5年後、10年後の将来的なキャリアプランを考えて、外資系への転職を考えていきましょう!
キャリアプランを考えるステップ
  1. 自己分析をする
    ・自分にとっての働く意味について考える
    ・将来どうなりたいかを考える
    ・経験、知識、スキルについて考える
  2. 時間軸に置き換えて、スケジュールを計画する
  3. 客観的に見て、現実的か考える

上記の3点を基にあなたのキャリアプランを考えていきましょう!

どの項目も具体的に実現性のあるような形で作成していくのが重要です。

外資系企業は成果主義のため、新卒で入社した会社で十分な経験を積んだのちに、外資系企業へ転職を考える方が多くいます。

外資系の面接でも、キャリアに対しての質問を聞かれることが十分にあり得ますので、転職を考える際にキャリアプランを立てておくことが必要です。

それでは、キャリアプランの立て方のステップに沿ってお伝えしていきますね!

STEP1:自己分析をする

まず1つ目のステップですが、自己分析を行いましょう。

ここでは、自分が現在どのような状況に置かれているか、何ができるか、何を学んできたのかを考えていくのです。

自己分析は、3つの項目に分けて考えていくとより細分化されます。

自己分析を以下の3つの項目に分けて行う
  1. 価値観…あなたの性格、興味や関心、優先したいこと、考え方
  2. 理想…これからの夢、どんな企業で、職種で、どんな仕事をしたいか
  3. スキルや知識、経験…得意・不得意なこと、欠けているとこ、向いてないこと

上記の3つの項目に分けてキャリアプランを立てていくと、具体的に自己分析をしやすくなります。

それでは、1つの項目でどんなことを考えれば良いかをお伝えしていきますね。

自分に質問をしてみると分かりやすいので、質問項目を載せますのであなたの考えで答えていきましょう!

価値観の自己分析
  • 業務をしている中で、達成感を感じる時はどんなとき?
    →複数あると良いです。
  • 1年単位で成し遂げた成果は何か?
    →目に見える成果があると望ましいです。
  • リーダーシップはあるか?
    →外資系は個人主義なので、会社を引っ張る先導力がある方が向いてます。
  • 安定志向が強いか?
    →外資系は実力主義のため
  • 挑戦を続けられる、もしくは挑戦していきたいか?
    →挑戦力は働く上で大事であるため
  • リスクがあっても通常通りの仕事ができるか?
    →リスクと隣り合わせの職場もあります
  • あなたが一番働く上で何を大切にしているか?
    →お給与、仕事内容、ワークライフバランス、雰囲気

以上の項目で自己分析を行ってください!

自然とどんな企業があなたに合っているかというのが分かるので、自己分析に合った企業を探すことができます。

続いて、あなたの理想を自己分析してみましょう!

キャリアの理想も大事ですが、結婚などの大イベントも含めた方がいいかもしれません。

理想の自己分析
  • これからどんな業界/職種/役職/ポジションに携わっていきたい?
  • どの分野のプロとして専門性を高めていきたいか?
  • チームを引っ張っていきたいか?
  • 組織で活躍したいか、もしくは個人で活躍したいか?
  • プライベートでどのように過ごしていきたいか?

プライベートとも照らし合わせていくことで、あなたがどんなキャリアを形成していかなければ行けないのかを考えることができますよ!

自己分析のラストです!

最後に、あなたが今までのキャリアで積んできた知識・経験・スキルを抽出してみましょう!

今までのキャリアの自己分析
  • 業務経験で得たスキルは?
  • 取得できた資格はあるか?
  • あなたの強みは何か?
  • 自信のある専門性や特化したスキル/知識は何か?
  • あなたの弱みは何か?
  • これからさらに追求していきたいあなたの強みは?
  • 対人能力/コミュニケーション能力はあるか?

あなたの今できることが明確になりましたでしょうか?

この質問を具体的に対して答え、今できることを明確にした上で、あなたの今後のビジョンや必要になるスキル、あなたがしたいことを自覚できるようになります。

面接の際でも、外資系は即戦力の人材を欲しがるため、経験を具体的に聞かれることが多くあります。

この自己分析を怠らずに行うことで、面接官の質問に対してもスムーズに受け答えができるようになりますので、ぜひ一度自己分析を行ってみましょう!

自己分析の全ての質問をまとめておきましたので、あなたのためになりますので、ぜひやってみてください!

以上が、キャリアプランを立てていく中でとても大切な自己分析です。

これはまだステップ1です。

引き続き、キャリアプランを立てていく準備をしていきましょう!

STEP2:時間軸に置き換えて、スケジュールを計画する

さて、ステップ2まできましたね。

自己分析が終わったと仮定してお伝えしていきます!

それでは、先ほど自己分析をして明確にしていただいたことを時系列に並べていきましょう。

ここで過去の経験も時系列に並べてみると良いです。

そうすることで、あなたがそのスキル/知識を得ることが出来るまでの期間を知ることができますので、それを基に無理のない将来のプランを立てることができます。

そのスパンを基に、今後のキャリアプランを時系列に書き入れていくようにしてください。

先ほど自己分析した「理想」の部分を何年後/何ヶ月後に達成したいのか、「○年後までに○○のポジションで○○のスキルや経験を得たい」など具体的な数字を入れていくことをオススメします!

ステップ2では、時系列に並べ方をお伝えしました。

続いては最後のステップです。

あなたが作ったキャリアプランが現実的なものなのかを考えていきましょう!

STEP3:客観的に見て、現実的か考える

あなたが作成したキャリアプランが現実的なものなのか客観的に考えてください。

キャリアプランは達成しなければ意味がありません。

というより、達成するために努力をしたら成し遂げられるものでないとダメです。

以上が、キャリアプランの作成の仕方です。

外資系でもキャリアについて質問されることがありますので、聞かれた時の答えかたをお伝えしていきます!

外資系ではキャリアについての質問がほとんど!?適切な答え方を解説!

外資系では高確率でキャリアプランについて聞かれることが多いです。

先ほど立てたキャリアプランを思い返して、面接官の質問にスムーズに答えていきましょう!

「あなたのキャリアプランを教えてください」

もしくは、

「あなたの○年後はどう成田隊ですか?」

「将来の目標は何ですか?」

「今後のビジョンを教えてください」

など、違う言い回しでキャリアプランを聞いてくる場合があります。

ただ、キャリアプランを明確に立てていれば、スムーズに答えられますね。

先ほども記述しましたが、「○年後までに○○のポジションで○○のスキルや経験を得たい」などでも大丈夫です。

しかし、具体例を加えて答えることで、面接官も納得してくれると思います。

納得させるためには、応募先の企業の仕事内容やどのようなキャリアを形成できそうかということを事前に調べておくと良いです!

続いて、外資系企業で「キャリア」について質問される理由をお伝えしますね!

外資系でキャリアを質問される理由は、あなたのキャリアプランが企業の今後の展望とマッチングしているかをチェックするためです。

それは、企業側があなたのビジョンとミスマッチを防ぐためでもあります。

あなた自身も、自分が築きたいキャリアを作成できたと思うので、企業側が合わなかったと判断したということです。

入社後にこの会社と合わなかったと、あなたが思わないように判断してくれたと思えばいいのです。

答え方のコツとして、

キャリアプランに対する努力をすることを伝えましょう!

仕事に対して計画的に取り組んでもらえる人なんだと良いイメージを与えることができます。

しかし、明確に答えられなかった場合は、向上心や計画性のない人だと判断されてしまうので事前準備をしておきましょう!

以上が、キャリアプランの答え方とキャリアを聞かれる理由です。

最後に、キャリアプランを達成するための秘訣についてお伝えしますね!

キャリアプランを達成するための秘訣とは?

キャリアプランをせっかく作成したので、達成できるように努力をしていきましょう!

それでは、キャリアプランを達成するためにアドバイスをしていきます。

まずは、達成するためにしてほしいことを3つお伝えします。

3つのポイント
  1. 作成したキャリアプランを定期的に確認する
  2. キャリアプランを常に更新する
  3. キャリアプランが実現しなそうと思ったら

上記の3つのポイントを1つずつ解説していきます。

キャリアプランを達成するためにアジアマガジンも協力します!

ポイント1:作成したキャリアプランを定期的に確認する

細分化されたキャリアプランが完成していると思います。

定期的に作成したキャリアプランの達成状況/進行状況をチェックしていきましょう!

もし、達成できなかったり、違うことに気が取られてしまったなどしてしまった場合には、なぜ達成できなかったのか、努力はできなかったのか、何が原因でキャリアプラン通りに進めなかったのかを考えてください。

もし、今後できるようであれば、キャリアプランを調整し、達成に向けてもう一度努力を続けてください!

ポイント2:キャリアプランを常に更新する

今の環境や気持ちでキャリアプランを作成したのですから、考え方も変わるのは当然です。

その時には、再度キャリアプランを練り直しましょう!

変更した際はまた努力をすることが大切です。

ポイント3:キャリアプランが実現しなそうと思ったら

キャリアプランに対して努力ができなくなったり、モチベーションが続かなくなったり、時間がなかったり…いろんな原因に生きていると出くわしますよね。

そんな時は、あなたの周りの人にどのような努力や目標を持っているのかなど聞いてみるのが良いでしょう!

練り直しをしたりすることもいいかもしれませんが、あなたが努力をすれば達成できそうなことをキャリアプランとして作成したと思います。

なので、諦めることは決してやめましょう!

以上が、外資系のキャリアについて、キャリアプランについてお伝えしました。

外資系で活躍している人の特徴をまとめた記事もありますので、載せておきますね!

おわりに|キャリアプランを作成した上で外資系で働きたい方は

外資系企業への転職する手段は知人の誘いを除くと、「転職エージェント」を利用することです。

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

無料な代わりに、求人企業が求職者の想定年収の3割から4割の料金を転職エージェントに支払われる仕組みです。

想定年収によって報酬が変わるため、エージェントも親身になって具体的な求人案件の紹介をしてくれますよ!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

あなたに必要なスキルを教えてくれたり、年収の交渉もしてくださいます!

また求人企業から求められるスキルの詳細情報も知ることができるため、登録して転職活動を始める方も多くいるのです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

またエージェントがサポートしてくれるのでリスクがないんです!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれます)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。