40代で外資系への転職で事前に対策できるリスクを教えます!

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。

この記事でお伝えできること

  1. 40代で外資系企業へ転職する時のリスク
  2. 改めて外資系が向いているか判断する
  3. 40代の方が外資系に入社する方法

外資系企業といえば、ワークライフバランスを保つことができ高収入ですが、

「外資系に就職したいんだけど、40代だけど転職できるの?」

「家族がいる中で外資系企業への転職はリスクが大きいんじゃないか・・・」

と疑問や不安を感じてしまいますよね。

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系企業、40代で外資系企業へ転職することについて解説していきますね!

この記事を読めば、おそらく不安も溶けて1ヶ月後には入社までできます!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
 

40代で外資系への転職を考えた時に思う3つの不安要素

私40代で外資系に興味があって転職を考えているんだけど・・・

外資系のイメージでクビになりやすい成果主義というイメージがありませんか?

まずは外資系について理解をして不安を解消してから転職活動をすることをオススメします!

私のイメージ的に

・収入に振り幅があること

・クビになる可能性があること

・英語が話せないといけないこと

・退職金が出ないこと

この4つがとても不安で・・・

そうですよね・・・この不安要素はアジアマガジンにも多く寄せられています。

この不安要素を解消すべく解説していきますね!!

不安要素1|収入に振り幅がある

外資系企業は知っての通り成果主義であるため、その成果にあった収入を得ることになります。

成果が出れば収入も大きくなり、逆に出せなかったら収入は少なくなります。

しかしこの条件になるのは営業職のような結果が直接収入に直結した職種だったり、特定の業界のみの場合に多いです。

なので、通訳や秘書、事務関係のサポート業務であれば大幅な収入の変動というのはないでしょう。

外資系企業で働きたくて、安定した収入を得たい方にとっては事務系がオススメです。

事務の仕事内容などを紹介した記事がありますので、載せておきますね。

外資系事務を全部見せます!あなたができる事務を見つけるために徹底解説

2019年3月2日

不安要素2|クビになる可能性がある?

クビになる可能性はほぼないです。

クビになる例として多いのが、本社が海外にあり日本から撤退することになってしまったら転勤もしくは解雇の可能性が出てしまいます。

もしクビになったとしても、出社せずに在職したまま、転職活動をさせてもらえる場合もあります。

収入を得ながら転職活動をすることができるため、転職活動に集中することができます。

クビについて解説した記事も念のため載せておきますね。

外資系では本当にクビ・リストラがあるのか詳しく解説する

2017年12月6日

不安要素3|英語力を求められる?

当然のことですが、外資系企業では上司に外国人がいるため必然的に英語でコミュニケーションを取るようになります。

外資系企業に入社する際に、採用基準として使われるのはTOEICで求められるTOEICの点数は業務内容によって異なります。

TOEIC700点あれば電話応対やメール対応などのコミュニケーションができる方であると認識されます!

外資系企業に就職する際には、TOEICの点数であなたの英語力をある程度理解されます。

企業側もTOEICができるからといって英語が話せる方であるという認識はないので、参考程度として考えているそうです!

また、メーカーやITなどの業界やマネージャーや営業などのポジションであったり、正社員や契約社員などの雇用形態などによって求められる英語力が違うので、必ずしも高い英語力が求められてくる訳ではありません。

資系メーカーの場合は、特に企業とのマッチングを大切にしているので、あなたの今までの経歴が活かせるのであれば、入社したいという強い意志をアピールすることで内定は獲得できるでしょう!

英語ができない人が外資系企業に入社する方法を解説した記事も載せておきますね。

英語ができないことに悩むより無料相談をしてみる!外資系のプロがアドバイス

2019年3月2日

不安要素4|退職金が出ない・・・

基本的に外資系企業には退職金という制度はないです。

退職金が出ないので、外資系への転職は損になってしまうのか?といわれると、一概にはそうはいえません。

外資系の中には確定拠出年金制度をもうけている企業もあります。

確定拠出年金制度とは、毎月の基本給から一定額を積立・運用に回すことができる制度です。

この積立てた金額を老後に一時金として受け取ったり、年金のように分割して受け取ることができるので、一概に損する訳ではありません。

外資系の退職金について解説した記事も載せておきますね。

外資系企業には退職金はない!日系と比べて得or損?

2017年12月7日

どんな人が外資系企業に向いている人で共通している特徴はなに?

マレーシア 税金制度

外資系には日系企業にはない独特の文化があります。

向いている人の特性を思考性、性格、スキル(経験)の観点で見ていきます。

向いている人の特徴を5つ紹介しますので、今のあなたが当てはまっているかチェックするといいかもしれません!

外資系で活躍できる人に共通している特徴

  • 成果を出すことを意識できる人
  • 負けず嫌い
  • 英語が話せる人
  • 臨機応変に対応できる人
  • 柔軟な考え、行動ができる人

外資系に向いている思考性

特徴1|成果主義の環境があっている人

外資系は日系企業とは違い、成果を最も大切にします。成果を出す為に常に試行錯誤して行動できる人材を求めています。

普段から成果を出すことを意識して行動できる方は外資系でもその力を十分に発揮できます。

外資系に向いている性格

特徴2|負けず嫌い

外資系では年功序列という制度がないので、年下でも成果を出せば役職につくことができます。

年下の上司がいるという可能性も少なくありません。成果が出せないと追い抜かれてしまう環境にあります。

そのような時に、悔しさをモチベーションに変え努力することのできる負けず嫌いな方は外資系に向いています。

外資系に向いているスキル・経験

特徴3|英語が話せる人

こちらは言うまでもありませんね。外資系には様々な国の方達が働いています。多くの方とコミュニケーションを取るために、英語が話せるにこしたことはありません。

特徴4|臨機応変に対応できる人

前述しましたが、外資系は成果主義です。

現在進捗中のプロジェクトでも結果が出ないと予想されたら即座に別の方法へ切り替えるといったことも日常的にあります。

そういった急な動きに対応できるスキルが重要になってきます。

特徴5|柔軟な考え、行動ができる方

外資系は日系企業と違い、多くの国々の方達が働いています。文化の違いから、日本人の感覚とは違うことも少なくありません。

そんな時に、文化の違いを素直に受け入れ、誰と仕事をしても柔軟に対応できる方は外資系に向いています。

外資系企業は向上心がある人には特に向いてそうですね!

おわりに|40代で外資系にキャリアアップを含めて転職するなら

マレーシアの駐在員生活って?|日本生活との違いやリアルな現地情報まとめ就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれる可能性もあります)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。