カンボジア就職/転職|仕事や生活面からメリット・デメリットを徹底解説!!

カンボジア就職/転職|仕事や生活面からメリット・デメリットを徹底解説!!

こんにちは!

海外就職ノウハウの発信から実際に海外転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

キャリアアップの選択肢としてアジア就職が注目されるようになった昨今。その中でも人気なのがカンボジア。

実は人の繋がりや温もりを感じて、カンボジアへのリピーターが多い東南アジアの国の1つがカンボジアです。

現地に行ってから後悔しないためにも「カンボジア就職/転職のメリット&デメリット」を知りたいです。

そうですね!メリット&デメリットを知ったうえで自分に合っているかどうか見極めたいですよね。

そこで今回は、そんなお悩みを解決するために、年間1000人ペースで海外就職の問い合わせを頂いているアジアマガジンが、カンボジア就職のメリット&デメリットについて徹底解説していきます!

カンボジア就職/転職がおすすめな理由4選!メリットと一緒にご紹介!

カンボジア就職/転職|仕事や生活面からメリット・デメリットを徹底解説!!

最近、特に女性に人気とされているカンボジア就職ですが、そう言われるその理由も気になりますよね。ここではカンボジア就職/転職するメリットをお伝えしていきます!

メリット1|英語の普及率が高い!

カンボジアでは、英語の普及率が近隣諸国よりも高いので、コミュニケーションがとりやすいのが特徴です。

カンボジアではニュースや本などの情報や、オンラインアプリケーションを使用する際など、ローカル言語であるクメール語に訳されることが少ないため、英語でアクセスせざるを得なかったことが多いためです。

なので、現地で働いた際にもほぼ英語のみで仕事を行うことが可能です。

メリット2|日本からの距離が近い!

カンボジアは、日本からの直行便が2016年からでたり登場したりなど、かなり行き来のしやすい国なのも特徴です。

なので、何かがあって日本に帰らなければいけないときなどにも、カンボジアからだと交通の不便さはそこまでないでしょう。

メリット3|衣食住にも困らない!

カンボジアではイオンモールの2号店が最近できたりと、日本からカンボジアに移住をしてもそこまで極端に生活に困ることはありません。

プノンペンの水道水はJICAの支援によって日本同様、飲めるくらい綺麗です。

食べ物も、観光客が多かったりする都市では西洋のものや日本人でも食べやすい味付けのものが多いです!

メリット4|アジア各国に周遊ができる!

カンボジアの隣国は、東南アジアでも人気のタイとベトナムです!

休みの日などには、バスで国境を超えたり旅行にも行きやすい距離なので、アジア好きな方にはたまらないですね!

カンボジア就職/転職のデメリットは?カンボジア就職/転職がおすすめできない人っているの?

カンボジア就職/転職|仕事や生活面からメリット・デメリットを徹底解説!!

どんな国・職場であっても、メリットしかないってことはないですよね。デメリットと比べてみて、メリットの方が大きいと感じたら、就職/転職を本格的に検討してみてもいいかもしれません!

デメリット1|インフラの未発達

プノンぺンやシェムリアップなどの大都市のインフラは整っては来ているものの、まだまだ未発達なところはあります。

特に水道や電気は止まることが多いと聞きます。鉄道もまだないので交通渋滞は多いです。

デメリット2|軽犯罪は日常的

カンボジアでは悪質な犯罪はそこまで多くありませんが、スリ・ひったくりなどの軽犯罪はよく起こります。

カンボジア人はフレンドリーで優しい方も多いですが、道端などのスリなどには気を付けて生活しましょう…!

デメリット3|研修制度が整っていない

カンボジアの企業では、日本のようなきっちりとした研修制度はないです。なので、常に自分で学びに行く姿勢がかなり大切になってきます。

その分、自分自身の成長にはかなり繋がってくるでしょう!

また、給与は日本より低いことが大半(職種にもよりますが、平均5~15万)ですので、自分自身で目標などを持たないと、知識も経験もお金も得れずに、ただ時間だけが過ぎてしまう…というリスクは十分にあり得ます。

カンボジアの生活の詳細は、実際に住んでいる人の意見が一番参考になると思いますので、カンボジア在住者のおすすめブログ記事まとめも合わせてご覧ください!

カンボジアブログ

【カンボジア在住の日本人ブログ5選】カンボジアの暮らしを知る!

2017年1月31日

『カンボジア転職ってどんな感じ?』プノンペンで働く旦那の1日を追ってみた。

2018年7月15日

カンボジア就職/転職には、エージェントの活用がおすすめ!

カンボジア就職/転職|仕事や生活面からメリット・デメリットを徹底解説!!

「今すぐ、おすすめの海外就職/転職エージェントを知りたい!」そしてカンボジア就職したい!という方もいると思うので、最低でも登録しておきたい転職エージェントを紹介します!

転職エージェントの方々はやはり転職活動のプロなので、あなたに合った企業の紹介を確立高く紹介してくれます!

おすすめ転職エージェント

『リクルートエージェント』
→日本人利用者No.1エージェント
https://www.r-agent.com/

『JACリクルートメント』
→年収600万〜1,200万円の海外求人が豊富
http://www.jac-recruitment.jp/

この2つのエージェントは、実績が豊富で求人数が圧倒的に多いので、カンボジア問わず海外就職を考える方におすすめの転職エージェントです。

ちなみに、JACは保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向もあります。

そのため、学歴や職歴に自信が無い人は『リクルートエージェント』と合わせて、サポートが手厚い『doda』への無料相談がおすすめです。

より詳しくエージェントの活用方法が知りたい方は、下記記事も合わせてご覧ください!

【カンボジア就職】カンボジア・プノンペンの転職エージェント7選!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

2017年5月4日

さいごに|カンボジアには、日本にはない体験・出会いがある!

カンボジア就職/転職|仕事や生活面からメリット・デメリットを徹底解説!!

これまで、カンボジアで就職/転職するメリットとデメリットをお伝えさせていただきました!

少しは、カンボジア就職/転職の判断材料のお役に立てたでしょうか?

カンボジアでは人間味がある優しい人が多く、日本人の価値観とも似ている部分があります。

自分の人生を見つめなおしたい方にはおすすめの国ですので、検討してみてはいかがでしょうか?

より詳しくカンボジア就職/転職について知りたい方は、下記記事も合わせてご覧ください!

カンボジア就職を解説するペンギン

カンボジア就職する方法は?求人情報と働ける条件を海外転職のプロが解説

2016年8月2日

アジアマガジンは、みなさんの就職/転職活動を応援しております!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。