韓国でコストコに行ってきました!特徴・商品・日本との違いについて紹介!

アンニョンハセヨ!(こんにちは)。
韓国在住の子育て中ママ、ユイです。

日本にもあるコストコですが、毎月何度も行ってしまうほどコストコマニアな私。そんな私が韓国らしいコストコの特徴や商品についてお伝えしていきたいと思います!

韓国にもコストコがあります!

世界中にあるコストコですが、韓国国内には16店舗あります。
コストコといえば、郊外や地方にあるイメージがあるかと思いますが韓国は人口の約2割がソウルに住むのでソウルにも店舗があるのが特徴です。

韓国のコストコに入ってみると基本的に日本のコストコと雰囲気は一緒。カートも巨大カートです笑

韓国でも個人からお店を経営する人など老若男女に人気があって、いつも混んでいて特にソウルにあるコストコは駐車場に入るまでにいつも待つのが基本です。

韓国のコストコの特徴は?

韓国のコストコにもコストコの代表的な商品であるディナーロールやベーグルなど日本でも購入できるものとたくさんあるのですが、やはりここは韓国。

韓国でしか買えないものもたくさんあります。
これは韓国らしい貝のビビンバ。

これは、ホルモン鍋。

日本でも人気のあるタッカルビ。

韓国らしい商品が盛り沢山です!お菓子も韓国のインスタントラーメンもお酒もたくさんあるので迷ってしまうほど。

特に韓国在住の私としては最近韓国でも種類が豊富になってきた冷凍食品がおすすめ。
韓国のコストコも試食が充実しているので試食して美味しかったものは買ってしまい冷凍庫がパンパンということもしばしば笑笑

韓国のコストコの年会費はこちら!

コストコの年会費なのですが、日本では4400円(税抜)なんですね。
韓国の年会費はというと、現在個人会員のゴールドスター会員で38500ウォン。日本円で約3600円です。

本場アメリカの年会費は60ドル(約6600円)とのことなので韓国の年会費とってもお得なんです。

日本でコストコ会員なら韓国でも利用できる!

日本でコストコ会員の人は、韓国でもコストコが利用できるのだそうです!
どこの国の会員でも世界中で使えるというコストコのカード。とっても便利ですよね!

私の場合は、韓国で会員になりましたが韓国のコストコに日本の食材が結構多くあるので頻繁に使っています。

韓国に住むことになったらコストコはとっても便利。正直な話、韓国でお寿司を食べておいしいと思ったことは一度もありませんが、韓国コストコで売られているお寿司は新鮮でとってもおいしいんです!

現地の韓国人たちもカートを見てみるとお寿司を購入している人が本当に多いですよ!

一番おすすめの寿司弁当。日本のコストコで売られているちらし寿司とほぼ一緒。

ここまで、韓国のコストコについてお伝えしてきました!韓国らしい商品もあれば、日本の商品もあるなど韓国在在の日本人にとって便利なコストコ。

韓国に旅行に何度もきたことのある方は一度韓国コストコに訪れてみるのも面白いと思いますよ!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。