台湾と日本の違いはこんなところにも!知らないと戸惑う台湾事情

みなさん、ニーハオ。台湾南部在住のフミです。

台湾に住み始めたころ、様々な場面で日本との違いに戸惑ったことがあります。

未だに、日本へ一時帰国してから台湾に戻ってくると戸惑います。

今回は、私が早く慣れようと頑張っていることをご紹介します。

 

タクシーのドアが自動で開かない

台湾でタクシーに乗るときですが、後部座席のドアは自動で開きません。

自分の手で開けて、乗り込みます。私は未だにドアが開くのをちょっと待ってしまいます。

そして、自分で開けなければいけないということを思い出します(笑)。

タクシーの利用方法などは日本とほぼ一緒です。

ドアを自分で開けてタクシーに乗り込み、行き先を告げて、降車時にお金を払うという流れです。

たまにトランクを利用すると追加料金がかかるタクシーがあります。

 

指定席に知らない人が座っている

台湾鉄道では、指定席を購入できる列車があります。私が初めて指定席を購入したときのことです。

ホームから列車に乗り込み、自分の座席に行くと、そこには知らない人が座っていました。

思わず自分の切符の座席番号を2,3度見しました(笑)。

私の行動から察して、座っていた人は席を移動してくれました。

けれどもすごく焦った出来事です。

その後も、指定席を購入すると高確率で誰かが座っています。

声をかけると移動してくれます。

台湾では、指定席でも空いていれば座る人が多いみたいです。

 

お箸の置き場所に注意

台湾の食事マナーは厳しくありません。

お箸からお箸へ食べ物を渡したり、ゲップをすることも問題ありません。

ですが、私は食事マナーに関して1つだけ指摘されることがあります。

それは、お箸の先を器におとしたまま、その器のふちに立てかけることです。

私は、麺がスープに入っている料理(牛肉麺など)を食べると、お箸を器に入れたまま、その器のふちに立てかけてしまいます。

しかし、このお箸の形は、お参りのときに使うお線香に似てしまうため良くないそうです。

私は、お箸を他の場所に移動するとスープでテーブルが汚れる可能性があるため、ついつい器に立てかけてしまうのです。

そして、指摘されて気づくということの繰り返しです。

習慣はなかなか抜けません。

 

以上、私が戸惑う台湾事情でした。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

[addtoany]

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。