【ベトナム就職者も必見!!】事前に知っておきたいベトナムの事前知識3つ

こんにちは!アジアマガジン編集部です!!アジアマガジンではベトナムに就職する人・働いている人を応援しています。そこで今回は、ベトナムの基本的な情報をお伝えしようと思います。ベトナムへ就職を考えている人にとっても、これから旅行に行く人にとっても必見です!!それでは、さっそく「ベトナムへ行く際に、知っておきたい3つのこと!!」をご紹介していきます!

selfie-254995_1920

目次
1)ベトナムの気候!!
2)街中で英語は基本的に通じない!!
3)ベトナムの衛星事情!!
4)おわりに

1)ベトナムの気候!!

outdoor-1694129_1280
ベトナムは南北に1,650キロメートルに伸びる長い国土を持つため、日本と同じく地域によって、気候が違います!具体的には以下の通りです!!

ホーチミンのある南部

年間を通して夏です!! 5月-10月が雨季、11月-3月が乾期になります。

ダナンがある中部

高温多湿で雨が多い地域です!! 特に9月-12月が雨季、乾期は2月-6月と言われています。

ハノイのある北部

日本と同様に四季があります!! ベトナムでも1月-3月は気温が12-15度になるほどです。

※服装は基本的に夏服で問題はないです!!ただ、ハノイなどの北部は上着が1枚あると安心です。ホーチミンなどの南部は日焼け止め必須なので、忘れないようにしましょう!!

2)街中で英語は基本的に通じない!!

women-749426_1920
一番、確実に通じるのがホテルと考えましょう!!中級以上のホテルはほぼ必ず英語が話せるスタッフが駐在していることが多いからです。また、他に英語が通じるところといえば、有名な観光地やレストランなどは通じる傾向があります。

また、よく英語が通じなくて困るケースは、タクシーに乗るときではないでしょうか。ほとんどのタクシーが英語が通じないと想定してうえで、利用するのがいいと思います。その際は、事前に簡単なベトナム語を勉強するか、ベトナム語で書いたメモを運転手さんに渡すのがスムーズです!!

3)ベトナムの衛星事情!!

drinking-fountain-1340243_1920

トイレについて

正直なところ、ベトナムは衛星管理がまだ行き届いていないところが多いのが現状です。特にトイレについて心配される方が多いと思いますが、レストラン・公共機関にトイレはありますが、綺麗とは言えません。

また、街中には有料トイレがありますが、そこも綺麗とは言えず、トイレペーパーもないところが多いです。そのため、ベトナムではポケットティッシュを持ち歩くのが必須です。ただ、ベトナムにも清潔で衛星的に利用できるトイレはあります!それは、ホテルや高級レストランです。基本的には宿泊するホテルや行くレストランでトイレを済ませる観光客が多いです。

market-1279188_1920

お水に関して

ベトナムの水道水は飲まないようにしましょう!ベトナムでは自動販売機は少ないですが、スーパー、コンビニ、屋台などで簡単に購入することができます。少し、話は脱線しますが、外で飲料水を購入する際に、「砂糖の有無」をしっかり確認するのをお勧めします!なぜかというと、ベトナムではお茶や牛乳に砂糖が入っているのが当たり前だからです。ただ、せっかくベトナムに行ったら、砂糖入りの飲料を飲んでみるのもいいかもしれないですね!!

補足!!

→お腹に自信がないい人は、屋台の食事も気を付けましょう!!
特に生モノ、生野菜、氷には注意が必要です。また、屋台には犬肉などの珍味も売られていますが、観光客でお腹を壊す人も多数出ているという声も聞きます!!

4)おわりに

people-262886_1920
みなさんいかがでしたでしょうか。特に、最後の衛星事情に関してはチェックしていただきたいなと思っております。というのも、やはり外国や旅先で体調を崩すと、お医者さんに上手く症状も伝えらないといこともありますが、何よりせっかくの旅行を楽しむべきなのに体調を崩してしまうともったいないからです!!
ご紹介したことを気をつけていれば、ベトナムは人も暖かく素晴らしいところです!!

引き続きアジアマガジンでは、ベトナムの魅力をお伝えすると共に、ベトナムでの就職・アジアで就職を考えている人のお役に立てるような情報を発信していきます。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。