みずほ銀行のカンボジア進出!注目したい3つの着眼点!

こんにちは。アジアマガジン(@asia_maga)です。皆さん、2017年の4月からカンボジアにみずほ銀行が進出すること知っていましたか?そこで今回は、今回のニュースで注目すべき3点をお伝えしていきますね。

『みずほ銀行のカンボジア進出』注目したい3つのこと

1)日本のメガバンクで初の進出

意外と感じる方々も多いと思いますが、日本のメガバンクがカンボジアへの進出するのは、今回が初めてのケースとなります。(既に、日系の証券会社などは進出している事例はございます!!)

2)他の多くの国もカンボジアに出資や支援をしている

特に、シンガポールや中国もカンボジアへの投資を積極的に行っています。そんな中で、今回の日本のメガバンクのカンボジア進出は、諸外国に対しても大きな意味を持つのではないでしょうか。

3)今後の日本の金融機関のカンボジアの進出動向

上記にもある通り、今やたくさんの国がカンボジアへ投資をしています。やはり、カンボジアは今後の成長が著しい国として注目されてるからです。そのため、“今後の日本の金融機関がカンボジアとどのように関わっていくか”とても大事になってくること、間違いないです。

(参照)
http://www.phnompenhpost.com/business/mizuho-bank-open-first-local-branch

まとめ

『みずほ銀行のカンボジア進出』注目したい3つのことは下記の通りです。

1)日本のメガバンクで初の進出

2)他の多くの国もカンボジアに出資や支援をしている

3)今後の日本の金融機関のカンボジアの進出動向

みなさんいかがでしたでしょうか。最近、アジアマガジンでもカンボジアを取り上げる回数も増えてきました。このような記事を通して、みなさんが海外を知るきっかけに、少しでもお役に立てたら幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。