タイ就職する日本人の年収/給料は?平均賃金が推移する現地生活

アジアの中も移住する日本人が最も多いと言われているタイ。特に首都バンコクの発展は著しく、日本の地方都市よりも遥かに発達しています。

近年ではボンビーガールの放送によりタイで仕事をすることが身近な存在になってきました。

この記事をご覧になってる方はタイへ就職してみたいと思っている方もいるかもしれませんね。

実際ボンビーガールの生活は本当に実現できるのでしょうか?

今回はタイの年収と実際に生活していけるのか解説していきます!

今すぐ『私ってタイ就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでもタイ就職に興味があれば、

タイ就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

タイ人の平均年収 | 上向きの経済に比例して所得が上がっている

経済発展が続き、物価も上がり続けているタイ。最近では日本でもタイ人の旅行客も多く見るようになりましたね。

実際タイ人の平均年収は上がっているのでしょうか?

タイ人の平均年収

タイ人の平均年収は日本円で138万〜140万円ほどと言われています。月収に換算すると11万円ほどとです。

ただ、タイでは所得の格差が激しく、一部の富裕層が平均年収を押し上げている傾向があります。

首都バンコクを中心に賃金は上がり続けていますが地方ではまだまだ収入が低い人がいるのが現状です。

タイ人の仕事観・働き方

タイ人は仕事のやりがいよりも給料や職場の楽しさを求める傾向があります。

給料が高い会社があればすぐに転職してしまうことや、職場の雰囲気が好きになれないと1日でやめてしまうということもあります。

また、基本的に自分の仕事以外はしないという習慣があるので残業もせず終業後は自分の時間を楽しむ傾向があります。日本とは仕事観が大きく異なります。

タイ人の賃金は増加。日本への観光客も増えている

タイ人の賃金は右肩上がりで増え続けています。最低賃金も上昇し続け、新卒の給料も4年前から1.5倍に増えました。

富裕層も増えていることやLCCが普及したことで日本への観光客も増加しました。

日本では平均年収は下がり続けタイでは上がり続けています。

いつかタイの年収が日本に追いつく日が来るのかもしれませんね。

タイで働く日本人現地採用の給料の平均は?年収の観点からみてみよう

タイの平均年収は上がり続けていることが分かりました。では、日本の現地採用の給料はどれくらいなのでしょうか?

現地採用の給料の平均

実はタイの現地採用の給料は、日本人がタイで就労するための条件の関係で最低賃金が決まっています。

タイで働く日本人は5万バーツ(日本円で16.5万円ほど)以上の給料でなければいけません。

役職やスキルにもよりますが、だいたい

・スタッフレベル:5~6万バーツ(17万円~20万円前後)
・マネージャーレベル:6~8万バーツ(20万円~27.5万円前後)
が相場だと言われています。

日本の給料と比べてどう?

やはり日本での給料に比べると下がることが多いようです。20代前半でタイに就職すると給料は17万前後が相場です。

日本の新卒の給料の平均は20万円ほどなので若干下がります。

物価が安いアジアへの就職は給料が下がることがほとんどなので、高い給料以外の目的を持つことが大切です。

タイで働きたい日本人が増えている

そんな中でも、タイで働きたい・移住したいと思う日本人は増え続けています。在タイ日本人は6万人をこえていて、アジアで一番多いと言われています。

タイに進出する日系企業も現在増え続けているので日本人の求人も多いです。この勢いはまだまだ続くと言われています。

すぐに転職した場合の年収を知りたい人は…?

◎無料で年収診断ができる『ミイダス』がおすすめ

【公式サイト】https://miidas.jp/

miidas(ミイダス)という無料転職サービスに簡単な情報を入力すると、転職市場でのあなたの価値を診断してくれます。(スマホから5分の簡単登録!)

タイ就職したらボンビーガールの放送内容のような生活はできるのか?

最近放送されたボンビーガールのタイでの生活が話題となっていますね。

ボンビーガールではタイの方が日本よりも安く良い暮らしができると放送されていましたがそれは本当なのでしょうか?

結論をお伝えするとほとんど正しいですが誇張されている部分もあります。

物価が安いのは事実

物価が安いので生活しやすいのは事実です。家賃も安いのでプール付きの2LDKの家でも10万円を切っているという物件も数多くあります。

食費も現地の生活に合わせればかなり費用を抑えることができます。工夫次第では日本で生活する時よりもはるかに貯金をすることもできます。

英語ができなくてもいいというのは誇張されている

放送内容の中で英語力ゼロでも仕事ができると言われていますが、あまり鵜呑みにするべきではありません。

実際にはある程度の英語力を求められることが多く、英語力ゼロですと圧倒的に求人が少ないです。

あったとしても給料はかなり安く設定されているので、キャリアアップを望んだりするのであれば英語は必須です。

ボンビーガールの放送内容のリアルについて、こちらの記事で詳しくご紹介しています!

タイ就職

【検証】幸せボンビーガールのタイ編は本当?タイ移住した日本人に聞いてみた!

2017年4月9日

タイは日本人も多い。首都バンコクであれば日本に近い生活をすることも可能

タイはまだまだ発展が続き今後も日本人が増えていくと言われています。首都バンコクであれば日本人街といわれる街もあり、初めての海外就職でも比較的安全です。

日本では味わうことのできない経済成長を住みながら体感できるのでとてもおすすめです!

タイへ就職にさらに興味が湧いた方はこちらの記事も参考にしてみてください!

タイ就職する方法は?求人情報と働ける条件を海外転職のプロが解説

2017年10月31日

少しでもタイ就職に興味があれば…

就職するしないに関わらず、まずは海外就職のプロに相談をして、まずは自分自身のタイ就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料でタイ就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

タイ就職を考え始めたら、すぐにタイ現地の就職支援会社ではなく…

日本拠点があり、海外求人を扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

タイ就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.海外就職全般の傾向や給与の相場感を掴むため

2.選択肢を広げるため(実際に最初の希望とは違う国に就職した人も多いです)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、現地に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、海外就職の成功のカギです。

タイへの転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェントは国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

タイ就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広くタイ求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『doda』
    特徴:国内外の転職実績や成功ノウハウが強み
    公式HP:https://doda.jp/

アジアマガジンはタイ就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。