【ベトナム編】“海外就職の国選びに役に立つ”基礎情報まとめ!

アジアマガジン代表の今です。いまアジアが盛り上がっているとか、海外就職も面白いとか、と言われていますね。ただ海外就職に興味を持った時に、「正直、何からやればよいかわからない」という声も多いのが現状です。

アジアマガジンでは国別に「海外就職をする方法」を特集としてまとめていきたいと思います。1カ国目は非常に活気があり、求人情報数も多い”ベトナム”から情報をまとめてまいります。アジア求人に特化した求人サイトを運営し、アジア情報を日々発信するWEBマガジンを運営してきたからこそ、お伝えできるという自信があります。

「もう、このページだけ見れば、ベトナム就職をする上で何をすべきかわかる!」というレベルの記事を目指します。常に最新情報があれば随時、この記事を最新版に更新していきます。

ベトナムってどんな国?どんな都市があるの?

まずは国としてベトナムの概況を掴んでおきましょう。まあ、最低限、どんな国かくらいは知っておかないと。基本情報だけまとめます!まず場所はココです!

スクリーンショット 2016-07-20 22.23.16

ベトナムの基本情報!

国・地域名 ベトナム社会主義共和国
面積 33万1,690平方キロメートル(日本の0.88倍)
人口 9,073万人(出所:ベトナム統計総局 2014年)
首都 ハノイ:人口709万6,000人

(ちなみにホーチミンの人口798万2,000人)

言語 ベトナム語、ほかに少数民族語あり
宗教 仏教(約80%)、その他にカトリック、カオダイ教、ホアハオ教など
公用語 ベトナム語

ベトナムの三大都市の場所をご紹介!

日本人の就職可能性の高い都市は、主にハノイ、ホーチミン、ダナンです。もちろん他にも観光都市のホイアンやフエ、ハイフォンなど良い町はたくさんあります。

スクリーンショット 2016-07-20 22.37.18

1)ベトナムの首都ハノイ

hanoi-701176_640

首都機能があるため、政治と文化の街と言われています。約710万人が住んでいる大都市です。日系企業で言うと、大企業中心に拠点があるイメージが強いです。

2)活気あるビジネスの街ホーチミン

vietnam-1268816_640

740万人が住んでいます。ハノイ以上の人口がおり、ビジネスも目まぐるしく進んでいます。オフィスビルやショッピングセンターなどもバンバン建っています。

3)海の近い新興都市ダナン

vietnam-732123_640

98万人が住む街です。IT関連に強く、給与相場もハノイ・ホーチミンより安価のため、ITのオフショア開発拠点として注目がされています。海が近く、観光都市ホイアンが近いのも良い点ですね。

ベトナム進出している日系企業の数と在住日本人の数は?

さて、どのくらいの日系企業がベトナムに進出をしているのでしょうか?日本人がベトナムで働く先はほとんどが日系企業なので、企業数も大事な要素です。まずはデータで企業数を調べてみましょう。

▼日系企業進出状況

・進出日系企業数:約1,553社
・ベトナム進出企業:キヤノン、パナソニック、ホンダ、トヨタ、
富士通、日本電産、ブリヂストン、
富士ゼロックス、マブチモーター、イオンなど

JETROより引用(https://www.jetro.go.jp/world/asia/vn/basic_01.html)

▼商工会に登録されている日系企業数

・ベトナム日本商工会(ハノイ、ハイフォン、北部ベトナム):633社
・ホーチミン日本商工会: 824社
・ダナン日本商工会 :96社
(上記はすべて2016年3月の集計結果です)

大手企業もベンチャー企業も含めて、どんどんベトナム進出が進んでいます。現状では特に家具や縫製関連や工業製品の生産拠点だったり、ITのオフショア開発拠点が数としては多いです。

では次にベトナム在留の日本人の人数を見てみましょう!

▼ベトナム在留日本人の数

ずばり、ベトナム在住の日本人は14,695人います
(出所:外務省「海外在留邦人数調査統計(平成28年要約版)」)

2016年時点のデータなので最新です。ただ出張ベースで滞在している方も多く、日本大使館に在住届を出していない方もいるようです。まあ、ざっくり3万人くらいが常時滞在している、というのが実情に近いと思います。

まとめると1500社以上の日系企業があり、
15000人以上の日本人が住んでいます!

まとめ

ベトナムは1500社以上が進出しており、日本人も1.5〜3万人ほど住んでいます。他のシンガポールやマレーシアに比べると、就労ビザ要件も曖昧で突破できるケースも多いです。就労経験が多くない若手でもチャンスのある国です。ぜひベトナムで働くために動いてみてはいかがでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。