『旅行大手JTBが インドネシアの旅行大手と提携 』読み取れる3つのこと

先月の1月31日、JTBがインドネシアの大手旅行代理店のPTパノラマ・ツアーズ・インドネシアと資本・業務提携すると発表しました。このニュースを聞いても「へ〜」で終わってしまう方が多いと思います。ただ、これは旅行業界やそれ以外の業界にとっても大きいことなんです!!今回はこのニュースから、読み取れる3つのことをお伝えしていきますね。

『旅行大手JTBが インドネシアの旅行大手と提携 』読み取れる3つのこと

1)インドネシアの勢いがすごい

みなさんは、インドネシアの人口を想像したことはありますか?実はインドネシアの人口は世界第4位で2億5500万人いると言われています。インドネシアとえいば、バリ島のリゾート地のイメージが強いと思います。ただ、経済的な側面からも、首都のジャカルタは、世界から注目されるほど発展と遂げています。グーグルで「ジャカルタ 経済成長」と検索していただくと、めちゃくちゃ情報がヒットします。

2)訪日観光客がより一層増えるということ

2016年にインドネシアからの訪日観光客数は、前年比30%増となっています。また、前述した通り、インドネシアの人口は2億5000万人を超えています。これらのことから、インドネシアからの訪日観光客の伸びしろは、まだまだ期待できます。また、これだけ人口を持つ国と繋がりを持つということは、日本の観光産業以外にも当然恩恵があることを意味します。一例ではありますが、旅行を通して、インドネシアの方に親日になってもらうとします。そうすると、インドネシアに進出している日系企業のブランド力も底上げされ、結果的に、その日系企業にも恩恵があります。

3)単に旅行だけじゃない

JTBというとホテル予約やツアー予約のイメージが強いかもしれません。ただ、JTBが対応するのはそれだけではありません。国際会議や展示会といった「MICE(マイス)」の需要にも対応していきます。この点から見ても、人口がとても多いインドネシアとの繋がりを強固にする舵を切ったJTBの今後に注目です。

「MICE(マイス)」とは・・・
MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。 MICEは、企業・産業活動や研究・学会活動等と関連している場合が多いため、一般的な観光とは性格を異にする部分が多いものです。このため、観光振興という文脈でのみ捉えるのではなく、MICEについて、「人が集まる」という直接的な効果はもちろん、人の集積や交流から派生する付加価値や大局的な意義についての認識を高める必要があります。
参照:観光庁HP

参照:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ31HEF_R30C17A1000000/

まとめ

『旅行大手JTBが インドネシアの旅行大手と提携 』読み取れる3つのことは下記の通りになります。

1)インドネシアの勢いがすごい
2)訪日観光客がより一層増えるということ
3)単に旅行だけじゃない

今回は『旅行大手JTBが インドネシアの旅行大手と提携 』読み取れる3つのことをご紹介させていただきました。やはり多くの人口を抱える国との関係性の強化は、日本にとって、とても注目するべきニュースだと考えております。というのも、人口減少が確実とされる日本においては、外国との繋がりは必要不可欠だからです。引き続き、アジアに関する情報を発信していきます。
 


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。