【カンボジア生活マニュアル】日用品や生活用品はどこで買えば良いの!?

スォスダイ!(こんにちは!)カンボジア在住管理栄養士のアヤです!

今回はカンボジアで働くぞ!と決めた時に日常で必要な生活用品が買えるお役立ち店をご紹介します!

カンボジアで生活用品・雑貨店はどこで買えるの?

今回は私の住んでいるプノンペン市内のお店を中心にお伝えします。現在、日本のように生活用品・雑貨が一度に買える大型のホームセンターがあると嬉しいのですがそうもいかないのがカンボジアなんです!

欲しい文房具用品、キッチン用品、寝具用品などは各スーパーやお店を1件ずつ周り探します。そこで、今回は最低限必要な生活用品が買えるオススメのお店をご紹介します。

文房具、生活雑貨、日用雑貨が売っているお店とは?

日本人には馴染みのある100円ショップ!!イオン1号店と2号店にはそれぞれ「キャンドゥ」、「MI-A」というお店があります。日本と同じ商品が買えるので、ちょっとした生活雑貨は大体揃います。私はキッチン用品を買うことが多いですが、園芸用品、掃除用品などさまざまな品揃えで助かりますよ!

また、その他に品揃えの良いIBC文房具店があります。文房具はこちらである程度揃います。こちらもイオン内や路面店に店舗があります。そのほか、カンボジア人が特に使うお店としてはオルセーマーケット、セントラルマーケット、ロシアンマーケット付近に立ち並ぶ文具店などです。マーケット内では1店舗ずつ見て探す必要があるので暑さとの戦いでもありますね。(笑)

プノンペン市内でオシャレ生活雑貨が買えるお店とは?

そのほか、お洒落な雑貨店などは過去のレポートで記載してあるので、こちらも参考にしてみてください!↓↓

カンボジア・プノンペン市内でオシャレ生活雑貨が買えるお店7選

2018.08.03

寝具類が売っているお店とは?

オリンピックマーケットは衣類が多く売っている店舗が集結しています。その中に寝具類も一緒に売られています。1階のフロアーが中心になります。タイやマレーシア産のタオルケットや敷布団が多く売られています。

こちらでまとめ買いするのも良いと思いますが、もっと高級感を求めるのであれば、イオン1号店の「AKEMI UCHI」というお店では寝具類がきれいに展示されているので見やすく、高品質なものが購入できますよ。カンボジアは暑い地域なので、寝具類はムシムシしてダニが多く発生しやすいのでいつも清潔にしておきたいところですね!

家電製品が売っているお店とは?

家電製品といえば、炊飯器、冷蔵庫、テレビ、扇風機などは必需品になりますよね。そして、カンボジアで家を借りる時には備え付けアパートメントも多くあるのでそのような住宅を探すのも賢い方法です。

ですが、備え付けではない家電製品を購入する場合はオルセーマーケット、セントラルマーケットやイオン1号店にあるノジマ電機、毛沢東通り沿いの路面店などで探してみるのもおススメですよ!

また、家電製品は製品の良いものが多く売られているので安心してください。ちなみに日本の家電製品を持ち込んだ場合、変圧器が必要な場合があるのでご注意ください。プラグは日本と同じです。その他、おススメ店としてはイオン2号店向かえにあるホームセンター「makro」もおススメですよ。業務用のお得商品が多くあり大量に買うときには便利です。

おわりに

以上、私がおススメする生活用品店でした。一通りの生活雑貨はプノンペンでも買えるので、困ることは少ないので安心できます。また、日本人の人口がプノンペンの次に多いシェムリアップでもプノンペン程では無いですが生活用品が買える店はありますので、探してみるのも楽しいと思いますよ!
それではまた~!

カンボジア就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

カンボジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。

アジアマガジン、LINE@

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。