マレーシアで親子留学がいま話題!費用や英語圏ならではのメリット解説

マレーシア 親子留学

こんにちは!アジアマガジン編集部です。

みなさん、「親子留学」はご存知ですか?最近、教育ママさんたちにとっても話題となっている、ハワイやオーストラリア、ニュージーランドをはじめとし、アジアマガジンで取りあげている東南アジアでは「セブ」や「マレーシア」で楽しく英会話教育を家族で受けられるプログラムです。

簡単に言えば「子どもはインターナショナルスクール、親は語学学校に通い、海外で家族一緒に成長しよう!」という目標のもと、なかには母子留学で渡航される方も多いのだとか!

そこで今回は、特に最近人気となっている「マレーシアでの親子留学」が評判となっている5つの理由についてお伝えします。

世界高水準の教育プログラム

マレーシアはイギリス領だった過去を持つこともあり、イギリスに本校も持つインターナショナルスクールが数多くあるのですが、学費や生活費は本校よりも抑えられるのがポイント!

本校と同じカリキュラムに加えて、マレーシア語や中国語の授業も豊富にあり、英語だけでなく中国語が学べるというのは魅力的ですね!

英国式だけでなくカナダ式、オーストラリア、アメリカ系、シンガポールのカリキュラムなどを取り入れた学校も多くあるのですが、それぞれ各地からネイティブの先生を揃えています。

どのカリキュラムにもそれぞれの魅力がありますが、その方針によって学校の雰囲気が大きく変わるので、実際に訪問してみてお子様と合う・合わない、を見てみるのがオススメです。

英語がネイティブレベルでなくても生活出来る

マレーシア 親子留学

マレーシアにはマレー系、中華系、インド系と様々な人種・宗教が存在し、加えてアジア圏や欧米諸国からの移住者も多い国です。

そのため、それぞれが母国語を持ちながら第2言語として英語を使いこなしながら生活しています。そのため「ネイティブ英語である必要はない」ということが前提であり、これから英語を学ぶ方にとっては、英語を話す練習場所としてとてもお勧めです。

また、「英語が公用語」だと万が一なにかあったときにまだ何とかなるので(笑)、安心要素でもありますね!

子どもに優しいマレーシア文化

マレーシア 親子留学

加えてお子様と一緒にお越しになると、やはりお子様の安全・快適さが第一になるかと思いますが、マレーシアでは「子ども優先」の文化があるので、子連れファミリーに優しい環境というのは安心材料になると思います。

例えば、ショッピングセンターや駅などのエレベーターでベビーカーを引いていたとすると、エレベーターに乗る際周りが優先してくれます。また、バスや電車で子どもが泣くと日本の場合、まわりの目を気にするという声も多く聞きますが、マレーシアではむしろ「もっと泣きなさい」といわんばかりのあたたかい目で見守ってくれます。

そんなマレーシアの文化というのは、母子親子留学に挑戦するママにとっては強い味方ですね!

都市開発が進むマレーシア

マレーシア 親子留学

さまざまな人種・宗教・国籍の人たちが行き交い、高層ビルが次々に建ち、大きな複数車線道路に次ぐ無数の車…そんなマレーシアの様子は親御様にとっても、お子様にとっても非常に刺激的な光景です。

「マレーシアって大丈夫…?」と不安に思われる方々もいらっしゃるかと思います。ですが、在住者からすると、マレーシアは想像以上に整備されており、治安も良い街なので、ご家族で色々なところへ足を運んでほしいです。

医療機関も充実のマレーシア

あまり想像はしたくありませんが、「万が一、体調不良や事故にあった時」の対応などは心配ですよね。マレーシアの病院は比較的レベルが高く、日本人がいるクリニックもあるので安心出来ると思います。

また、海外で診察を受けるとなると正直、懐事情が気になりますが、親子留学でマレーシアに渡航する方は海外保険に加入しているので、ホテルのような病院も実質無料で利用出来ます。個人クリニックなどの料金も日本と同じくらいなので、子どもが風邪をひいた時などは近所のクリニックで充分です。

「今」だからこそ最大の魅力「マレーシア親子留学」

マレーシア 親子留学
  • 欧米・オーストラリア本国の高水準教育をアジアで受けられる
  • 本国よりもお得に親子留学!
  • 都市開発が進むアジアの「今」を感じられる!
  • 多民族・多宗教・多文化という日本にはない文化経験
  • 英語とマレー語に加え、今後重要になるであろう中国語を習得出来る

…と、親子留学の場所としてたくさんの魅力を持つマレーシア!
日本人が移住したい国ナンバーワンに例年選ばれているだけの街の安定さと充実さは整っているといえるでしょう。

クアラルンプールとジョホールバル、ペナンでの親子留学がメインとなっているようです。特にジョホールバルはマレーシアの中でも今、まさに都市開発が進んでいるエリア!

住んでいる街の様子が日々変化していく様子や、そのなかで生き生きとしている現地の方の姿を目にしていると、やはり今こそマレーシアジョホールバルに、お子様と一緒に体感してみてはいかがでしょうか?

短期での親子留学や見学ツアーも開催されているようなので、ご興味のある方は是非お問合せください!

マレーシア就職する方法は?求人情報と働ける条件/日本語のみの仕事を海外転職のプロが解説


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。