【2019年4月9日放送】幸せボンビーガール・タイ移住について詳しく|タイ就職の本当!

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. 「幸せボンビーガール 」の放送ってホントなのか
  2. ホントに日本語しか喋れない人でもタイに移住できるのか
  3. タイで働くリアルな現地の情報

「幸せボンビーガールで放送されたタイ移住の話って本当なの?」

「ホントに日本語しか喋れなくても海外移住できるの?」

あのテレビ番組を観た方は、テレビだから綺麗なとこだけ放送してるんじゃないの?と思われる方がいると思います。

結論から言いますと、放送された通り合っています。

しかし、日本語だけで働くことができるのは企業によって様々であります。

また、英語力がないと給与が低い場合があります。タイで働くには英語力もある方が好ましいでしょう。

実際に「幸せボンビーガール」を観て、海外移住を決断された方が大勢います。

そこで、今回はタイの海外就職・現地情報を解説していきますね!

この記事を読めば、日本語しか話せなくても海外に移住しちゃった移住ガールのようになれますよ!

すぐにでも、海外就職/海外移住を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

【幸せボンビーガール】タイの移住ガール放送内容を確認!

2019年4月9日の放送で、タイに移住して働く日本人女性が特集されました。番組HPから紹介文を引用すると、、、

●海外移住したら幸せになっちゃったガール

日本語しか話せない、知り合いもいない、手に職もない、貯金もない…それでも毎月10万円貯金ができて、プール付き高級マンションに住めちゃう夢の国・タイに移住し、見事幸せになったボンビーガールのもとを、劇団ひとりが訪れる。ひとりも本気で移住を考えた、その驚きの暮らしぶりとは?

※2019年4月9日(火)放送

タイに移住した日本人女性がメインの放送でしたね。

幸せボンビーガールで放送された内容が本当なのかですが、

結論から言うと…

多少誇張されている部分はあるものの、放送内容は間違っていないです

実際の生活水準、物価、現地での日本人の繋がりなどはほぼほぼ合っています。ただ、海外においての日本人の採用動向や仕事内容については、企業ごとによって相当異なるので、放送内容が絶対合っているとは思わない方が良いです。

日本語だけでタイに移住できるってホント?

結論を先に言ってしまうと、日本語だけでもタイに移住できます。

しかし、英語力を身につけていた方がいいでしょう!

英語力が無くても仕事はありますが、給与が低いのがリアルな情報です。

テレビ放送では少し誇張しすぎてるのかな…と思いましたね!

英語かタイ語はできればできるほど、良い仕事につくことができます!

タイで働くリアルな現地情報

一番気になるのがやはりタイでの生活費ではないでしょうか?

実際、支払われる給与でどの程度の生活ができるのか気になりますよね。

ここでは、タイの物価についてお伝えしていきます!

【生活費情報】タイでの平均生活費は?

日本人が働いた場合、基本的に月5万バーツ(約15万円)以上で生活は十分可能です!

というのも物価は日本の約2分の1程度だからです。実際の生活費の内訳を見てみると…

生活費の例

家賃 12,000バーツ(約4万円)
通常の飲食費 10,000バーツ(約3万円)
交際費 8,000バーツ(約2.5万円)
移動費 1,000バーツ(約3000円)
雑費 10,000バーツ(約3万円)
合計 41,000バーツ
そのため、最低限の生活費は合計で35,000~41,000バーツ(約11~13万円)程度になるので、タイでは5万バーツで十分に生活することができます!

【タイの住居情報】生活するのに必須の気になる住居環境は?

タイでは家の契約形態にも3パターンほどあり、それが「サービスアパート」「アパート」「コンドミニアム」です。

それぞれについて、少しだけ解説していきます。

『サービスアパート』

最初から部屋の掃除、クリーニングなどのメイドサービスがついている形態です。大体4万~8万バーツ(13万~26万円)するので値段は高めですが、最初から色々なサービスが付いてるので何よりも楽です。

トランクケース1つで引っ越してきても問題ありません。住居以外の設備(フィットネスやプールなど)もついていることが多く、トラブルにも強いです。

『コンドミニアム』

こちらは家賃に掃除などのサービスなどは含まれていません。

部屋ごとにオーナーさんが異なる分譲マンションのような形態です。

そのため、借りる部屋によって内装や部屋の大きさ、家賃が異なります。

高級なところで6~10万バーツ(20万~32万円)、安いところで1~3万バーツ(3.4万~10万円)ほどです。

住居以外の設備(フィットネスやプールなど)も使用できますが、トラブルがあったときにはそれぞれのオーナーとの話し合いになるので少々面倒です。

『アパート』

こちらもサービスアパート同様に建物一棟を会社、個人が管理しています。ただし、部屋の掃除などのサービスは含まれておらず、家賃は5千~1万バーツ(1.8万~3.4万円)ほどです。

テレビなどの電化製品は、月額でレンタルしていることが多いようです。また、アパートの場合は電気水道代が家賃と別で請求されます。

アパートが一番安くはありますが、その分の手間も多いのは事実です。

【タイでのマナー】タイで気を付けるべき人間関係のマナーは?

子供を叱る時に頭を叩いたりだとか、逆に褒める時になでるというのも、避けたほうがいいです。

また、女性はお坊さんに触れないこと。

女性に触れてしまうと、お坊さんが今まで積んできた徳が全て飛んでしまうと考えられています。

そして、左手で握手することも避けたほうが良いです。

タイ人にとって左手はトイレで使う不浄の手です。

その左手を使って握手をしたり物を渡したりするのはNG!

タイ人との良好な人間関係の作り方

一番避けて頂きたいのが、人前で社員を叱責することです。

これは本当にタイ人のプライドを傷つけることとなります。

下手をすると次の日から出社しなくなるというのも十分あり得る話です。

個別に呼び出して個室でお話しするほうがいいと思います。

また、時間に対しても、よく聞く話だとは思いますが、きっちり守りません。

交通手段の未発達という理由もあります。

時間の考え方自体も「目安」という感覚でいることが多いので、その感覚を理解していきましょう!

今すぐ『私ってタイに移住/就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでもタイ就職に興味があれば、

タイ就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

もっとタイに特化した転職エージェントを知りたい方は、下記の記事に現地エージェントも含めてまとめています。

>>タイ・バンコクの転職エージェント7選をオススメ!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

 

以上が、タイの現地情報でした。

続いては、タイに少しでも移住もしくは就職したいと考えるようになった方のために、読んでほしい記事をまとめました!

タイ・バンコクに移住と就職についてもっと知りたい方はこちら!

過去の幸せボンビーガール内容の検証記事はこちら!

【検証】幸せボンビーガールのタイ編は本当?タイ移住した日本人に聞いてみた!

アジアマガジンの中でとても人気な記事です。

今回の放送もタイ移住で、以前にも幸せボンビーガールでタイに移住したボンビーガールの特集があったくらいに、タイがとても人気です!

そこで、幸せボンビーガールのタイ編で放送された内容は本当なのか?という視点で、実際にタイに住んでいる日本人に聞きながら書いた記事です。

ぜひチェックしてみてくださいね!

ボンビーガールから学ぶ、海外で移住・働くということ

『ボンビーガールから学ぶ』海外就職が成功する人の3つ共通点

こちらの記事は2017年8月1日に放送されたボンビーガールのタイ編をもとに書いたものです。

ぜひ海外就職が成功する人の共通点を知っていただければ幸いです。

幸せボンビーガールを観て、あなたもタイに移住したいと思った方は…

海外移住・海外就職には興味はあるけど、何から始めたらいいの?という方へ

よくアジアマガジンには「海外就職に興味を持ち始めたけど、何から始めたらいいかわからない」というお声をよく頂きます。

結論:まずはリアルな求人情報に触れるべき

海外求人をたくさん見ることをおすすめします!

まずはタイ求人や海外求人の情報を見るをおすすめします。理由は2つです。

  1. 悪質な情報に騙されなくなる
  2. 自分の希望や優先順位が明確にある

理由1・悪質な情報に騙されなくなる

多くの海外求人を見ること=その国の基準がわかることです。そのため、「この求人は良い求人だな」と判断できると共に、「明らかに好条件すぎる求人には裏があるな」と判断できたりします。

理由2・自分の希望や優先順位が明確にある

また、多くの海外求人を見ること=自分の優先順位と向き合う機会を作ることになります。タイや海外の求人情報を見ていく中で、「求人のどの点に魅力を感じるか」「この点には魅力を感じない」などを判断していくことで、「なぜ海外で働きたいのか」が明確になり、より良い海外就職活動ができます。

だからこそ、海外求人を見てみることが大事!

まずは海外求人を見てみたい方は、下記の記事を参考にしてください!海外就職のノウハウが詰まっています!

タイ・バンコクの転職エージェント7選をオススメ!海外転職エージェント活用5つのポイント解説!

2017年6月28日

今すぐ、日本語が活かせるタイ求人を見つけたい方に…

「今すぐ、私でもタイで働ける求人を知りたい!」そしてタイ・バンコク就職したい!という人もいると思うので、日本語が活かせるタイ求人に出会いやすい転職エージェントを紹介します!

業界最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界でNo.1の転職エージェントです。

圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントは、待遇や条件が良いタイ求人に出会える可能性が大きいです。

だからこそ、漠然と『いつかは海外就職したいなー』と考えている人も、

良い情報を逃さないために、早めに登録するべきエージェントです。

海外就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く海外求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『doda』
    特徴:サポートが手厚い
    公式HP:https://doda.jp/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。